Sansan × ベルフェイス × アステリア 共催セミナー 「営業組織のパフォーマンスを飛躍的に向上させるテクノロジーとは

~ 5月20日(月)/ Sansan株式会社本社多目的スペース「Garden」~

アステリア株式会社 2019年05月14日

アステリア株式会社(旧:インフォテリア株式会社、本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 アステリア)は、来る5月20日(月)にSansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)とベルフェイス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:中島一明)との3社共催セミナー「営業組織のパフォーマンスを飛躍的に向上させるテクノロジーとは」を開催します。

あらゆる業界で人材不足が続く一方で「働き方改革」などへの取り組みが必要になる中、企業は「テクノロジーによるデータの活用」で業務の効率化・生産性向上に努めています。しかし、特に営業現場においてはその運営実態が見えにくく、属人化の課題を持つ企業が多いのも実状です。本セミナーでは、組織の営業力を高めるソリューションを提供している3社から、昨今注目を集める「セールス・イネーブルメント」の考え方を交えつつ、導入事例や自社組織での取り組みなど具体例を挙げながら、営業力強化の実践的ポイントをご紹介します。

■ 共催セミナー「営業組織のパフォーマンスを飛躍的に向上させるテクノロジーとは」概要

開催日 2019年5月20日(月) 16:00-18:00
会場 Sansan株式会社 表参道本社 多目的スペース「Garden」
共催 Sansan株式会社 ベルフェイス株式会社 アステリア株式会社
詳細 jp.sansan.com/lp/seminar/sales_tech/

■ 登壇者紹介

児玉 悠子 氏
Sansan株式会社 セールスディべロップメント部 シニアマネージャー

2013年、Sansan株式会社入社。Sansan導入社数がまだ1,000件も満たない時から営業に従事し、大手企業攻略に尽力。その後、アライアンス事業を担当。現在はスモールビジネスマーケットのインサイドセールスとフィールドセールスのチームのマネージャーとして、部下の育成に尽力。Sansanをビジネスインフラにすべく、導入拡大に向けて日々邁進している。

浪岡 英生 氏
ベルフェイス株式会社 インサイドセールス支援事業部 セールスマネージャー

1985年神奈川県出身。飲食店勤務から営業へ。株式会社リクルートライフスタイルにて3年半ホットペッパービューティの広告営業に従事し、数々の賞を受賞。その後、現職であるベルフェイス株式会社に入社。オンラインセールスに従事し入社後6ヶ月でリーダー、15ヶ月でマネージャーに就任。現在も事業部の受注数・受注金額ともに最高記録を連続更新している。

松浦 真弓
アステリア株式会社 ネットサービス本部 エバンジェリスト

大学卒業後、株式会社マクニカにフィールドエンジニアとして入社。その後、ラティス・テクノロジー株式会社にて3D CADソフトの営業、マーケティング、製品企画を担当。その後、株式会社ウフルにて、ビジネスコミュニティの立ち上げ、IoTビジネスの支援やソリューション構築に携わった。2018年9月よりアステリア株式会社にて、タブレット向けソフトウェアのマーケティングに従事しつつ、主にSales Tech分野でエバンジェリストとして活動している。

用語解説

■『Handbook』について( Webサイト handbook.jp/ )

 6つのカテゴリで市場No.1を獲得している『Handbook』は、文書や表計算、プレゼンテーションから画像や音声、動画までのあらゆる電子ファイルをクラウドに保存し、モバイル(タブレット、スマートフォン)端末で持ち運べ、指先めくりで表示ができるソフトウェアです。一般的なクラウド・ストレージ・サービスやタブレット端末向けの閲覧アプリケーションと異なり、閲覧者ごとの配信設定や端末紛失時の情報漏えいを防ぐ機能、ネットワーク接続できない場所でもファイルを予めダウンロードしておく機能など、モバイル端末をビジネス活用する上で必要な機能が搭載されているのが特長です。対立しやすい情報セキュリティの確保と操作性の高さを丁寧なインターフェース設計で両立している点が高く評価され、「2015年度グッドデザイン賞」を受賞しています。

■『アステリア株式会社』について( Webサイト www.asteria.com/ )

 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたアステリア株式会社(2018年10月にインフォテリアから社名変更)は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の『ASTERIA Warp』は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に7,783社(2019年3月末現在)の企業に導入されています。また、『Handbook』は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,507件(2019年3月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]