編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アクセラテクノロジ、シムトップス、「脱・紙」ソリューションで協業 ナレッジベース『Accela』と電子帳票ソリューション『ConMas i-Reporter』の連携でフィールド業務の生産性向上を実現

アクセラテクノロジ株式会社

From: DreamNews

2019-07-18 16:00

アクセラテクノロジ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:進藤達也/以下、アクセラテクノロジ)と、株式会社シムトップス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:水野 貴司/以下シムトップス)は、ナレッジベース『Accela』と電子帳票ソリューション『ConMas i-Reporter』の連携で協業することを本日発表いたします。

既存の紙帳票をそのままにタブレットへ取込みペーパーレスを実現する『ConMas i-Reporter』と、業務に必要な情報を集めて、つないで、活用するナレッジベース『Accela』の連携により、フィールド業務の生産性向上に貢献します。アクセラテクノロジはこの連携ソリューションを『Accelaナレッジパッド』として、本日より販売開始いたします。

オフィスから離れた生産ラインや倉庫などでの業務、営業先や屋外での作業といったフィールド業務において、まだまだ紙の帳票で報告・点検作業が行われている現場は多いのではないでしょうか。
フィールド業務をITで効率化する第一歩は「脱・紙」、すなわち手書き業務の電子化であると私たちは考えています。タブレット端末やスマートフォン等のスマートデバイスの活用こそが、このような取り組みを現実のものとします。

「脱・紙」により達成すべき目的:
・ペーパーレス化:入力工数削減によるコストダウン
・業務の効率化: お客様対応など作業のスピードアップ
・業務高品質化: ナレッジ活用で作業の質を底上げ、現場の見える化で業務を継続改善

『ConMas i-Reporter』と『Accela』の連携はiOSネイティブなスマートデバイスアプリと、作成された報告書や各種業務コンテンツを格納するクラウド上のナレッジベースから構成されます。
「脱・紙」を実現し、業務の生産性向上を促進するとともに、業務の現場で入力した報告書やチェック記録等の帳票類をナレッジ化し、現場の気づきを業務の改善につなげます。






■Accela ナレッジパッド 3つの特長

<現場で簡単にミスなく入力>
・帳票内の入力項目が多数あっても、軽快で高速な動作を実現
・入力チェック(必須項目、文字や数値、大小比較)や次項目の選択候補の自動絞込み等で、入力間違いや漏れを防止
・入力順番のガイダンスで初心者でもミスなく入力可能
・写真や手書き図の添付で報告書をビジュアル化

<現場で簡単に帳票画面の作成と変更が可能>
・使いながら入力画面を簡単に改善でき、現場への定着と生産性向上に貢献
・使い慣れた紙帳票のイメージを残しつつ電子帳票に移行可能
・現場担当者が日ごろ使い慣れたExcel帳票を活用して簡単に入力画面を設計可能
・入力レイアウトの変更や項目追加はEXCELの帳票を修正するだけで簡単に対応可能

<業務遂行と一体化したナレッジ活用>
・既存の手順書や作業マニュアルと帳票群がタグで紐づき、ナレッジベースを自動構築
・帳票作成者が意識することなく、特定項目をタグとしてナレッジベースに自動登録
・何ページもあるマニュアルは1ページ単位で検索、あとで参照するためのタグやコメントを設定可能
・動画もチャプターごとにタグ付けやコメントを設定でき、ナレッジとして活用
・電波の届かない遠隔地や、病院などの電波の使えない場所でもあらかじめダウンロートしたナレッジを参照したり、デバイスアプリで報告書を作成することが可能

アクセラテクノロジとシムトップスは、この「脱・紙」でフィールド業務の生産性向上に貢献するソリューションについて、実際のお客様のお取組み事例をベースにご紹介するセミナーを開催いたします。

<2019年9月4日(水)開催>
脱「紙」から始めるナレッジマネジメント
スマートデバイス×ナレッジベースで業務の生産性向上
(リンク »)

◇アクセラテクノロジ株式会社について ( (リンク ») )
アクセラテクノロジ株式会社は、2001年に富士通株式会社のベンチャー起業制度により設立され、企業内ナレッジ活用ITツール「Accela」シリーズを柱に、知識活用技術で業務の現場にパワーを与え、お客様のビジネスを拡大・加速させるソリューションを提供しています。

◇株式会社シムトップスについて ( (リンク ») )
シムトップスは、1991年に国産生産スケジューラ専門会社としての草分けとして誕生しました。
多くのお客様での生産スケジューリングや工程管理システムの構築、運用を通して得たノウハウを製品にフィードバックしながら、製造現場で使える生産スケジューラ、工程管理システム、IoTデータ収集ソリューション、iPad、iPhone、Windows電子帳票ペーパレスソリューションなど真に現場で使えるパッケージ製品を開発しています。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]