編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SAS、ガートナー社の「2019年版データ統合ツールに関するマジック・クアドラント」でリーダーに選出

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2019-09-27 11:00


アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、ガートナー社の調査レポート「2019年版データ統合ツールに関するマジック・クアドラント(2019 Magic Quadrant for Data Integration Tools)」(*)において、ビジョンの完全性および実行能力に基づき、リーダーに選出されたことを発表しました。SASがリーダーとして選出されるのは、今回で9年連続となります。

AI(人工知能)には、膨大な量のデータを分析し、インサイトを見出す能力が期待されています。SASは、AIへの期待が実現するには、フィードされるデータが、SAS® Data Managementのような包括的に管理されたプラットフォームによって、新たな価値を付与される必要があると考えています。SAS Data Managementは、データの変換、統合、管理、保護を行うと同時に、データ全体の品質と信頼性を向上させるソリューションです。

SASのプロダクト・マーケティング担当シニアマネージャー、キム・カルバ(Kim Kaluba)は、次のように述べています。
「AIと機械学習の利用が増加することで、データ・ランドスケープ全体でデータ統合が大幅に進みます。AIへの投資から最大限の利益を得るには、強力なデータ管理プログラムを導入しサポートしていく必要があります。」

SASは、ガートナーの2019年データ統合ツールの「2019年版データ統合ツールに関するマジック・クアドラント(2019 Magic Quadrant for Data Integration Tools)」に9年連続でリーダーに選出されています。ガートナーは、「データ統合ツール市場は、ハイブリッド/クラウド間統合の新たな要件として見直されており、アクティブ・メタデータや拡張データの管理は、既存の方法の見直しを迫っています。」と指摘しています。

キム・カルバは、「データは、もはや組織内に存在していません。データは、クラウド内やクラウド・プラットフォームを横断して存在しています。適切なデータ統合ソリューションは、データ・サイロを解消し、データの問題に対応しながら将来的なビジョンを持つことを可能にします。」と述べています。

SAS Data Integrationには、SAS Data Management、SAS Data Integration Studio、SAS Federation Server、SAS/ACCESS®、SAS Data Loader for Hadoop、SAS Data Preparation、SAS Event Stream Processingが含まれます。
* Gartner, “Magic Quadrant for Data Integration Tools” by Ehtisham Zaidi, Eric Thoo, Nick Heudecker. 1 August 2019

SAS Data Managementとデータ統合テクノロジーの詳細については、こちらをご覧ください。
(リンク »)

ガートナーの免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の指定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物に記載されているのはガートナーの調査機関の意見であり、これを事実と受け取らないようにしてください。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。
*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。
その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

SAS Institute Japan株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]