編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

~10月1日は「コーヒーの日」~  セレス コーヒーのサブスクリプションサービス「Post Coffee」を展開するPOST COFFEEとの資本業務提携に関するお知らせ

株式会社セレス

From: DreamNews

2019-10-01 12:00

株式会社セレス(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木 聡、証券コード:3696、以下セレス)は、コーヒーのサブスクリプションサービス「PostCoffee」を展開するPOST COFFEE株式会社(本社 : 東京都渋谷区、代表取締役 : 下村 領、以下POST COFFEE)と資本業務提携を締結いたしましたことを、「コーヒーの日」である10月1日にお知らせいたします。




 POST COFFEEは、自宅でのコーヒーライフを最も手軽に、スマートにするコーヒーアプリ「PostCoffee」の開発・運営をしており、アプリで簡単に日本トップレベルのコーヒー豆をポストへ定期便でお届けできるサービスを展開しております。

 米国スペシャルティコーヒー協会(SCA)は、2017年に米国内のコーヒー消費量全体のうち、59%が品質の良いコーヒー(スペシャルティコーヒー)という分析結果を発表しました(※1)。一方日本では、2015年にブルーボトルコーヒーが上陸して話題になるなど、米国のコーヒーカルチャーを後追いしておりますが、スペシャルティコーヒーのマーケット規模はまだ全体の8%しかありません(※2)。米国に比べ、品質の良いコーヒーの流通量や販売チャネルが少なく、そもそも消費者が購入すること自体が難しい、というのが現状です。
 その現状を解決するべく、POST COFFEEでは「毎日のコーヒーをもっと美味しく、スマートに」をミッションに、品質の良いコーヒーと消費者を最短距離でつなぐ「Post Coffee」を運営しております。
※1:2017 U.S. Specialty Coffee Consumption Trends by SCA
※2:スペシャルティコーヒー 市場調査2016 by SCAJ

 セレスでは、モッピーをはじめとしたポイントサイトを運営しており、そのEC物流額は年間換算額で300億円規模に上ります。また、EC領域に特化したコンテンツメディアを運営するとともに、アフィリエイトプログラム「AD.TRACK」を展開しております。POST COFFEEが提供するコーヒーのサブスクリプションサービス「PostCoffee」は、アフィリエイトマーケティングを得意領域とするセレスの事業内容と親和性が高いと判断し、今回POST COFFEEとの資本業務提携を締結いたしました。

■POST COFFEE 会社概要
 会社名:POST COFFEE株式会社
 代表者:代表取締役 下村 領
 所在地:東京都渋谷区富ヶ谷2丁目16番10号 HOUSE2F
 設 立:2018年9月
 URL: (リンク »)

■セレス 会社概要
 会社名:株式会社セレス
 代表者:代表取締役社長 都木 聡
 所在地:東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエア タワー24F
 設 立:2005年1月28日
 資本金:1,800百万円(2019年6月現在)
 URL: (リンク »)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]