編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を『#食べる支援』『#撮る支援』『#聴く支援』で後押し あなたの愛が親子を近づける 11月10日(日)「マックハッピーデー」実施

日本マクドナルド株式会社

From: Digital PR Platform

2019-10-11 11:41


(リンク »)
日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、病気と闘う子供とその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」支援を目的としたチャリティ活動「マックハッピーデー」を11月10日(日)に全国のマクドナルド店舗にて実施いたします。また、「マックハッピーデー」に向けて従来の支援活動に加え、より多くの皆さまにご参加いただける新たな支援『#撮る支援』・『#聴く支援』を設け、昨年以上に支援活動を盛り上げていきます。

日本マクドナルドでは、「ドナルド・マクドナルド・ハウス」の支援を継続的に行っております。「マックハッピーデー」は、全国のマクドナルドでハッピーセットお買い上げ1つにつき50円をマクドナルド※1が「ドナルド・マクドナルド・ハウス」に寄付させていただくチャリティ活動で、2017年より全国のマクドナルドで実施し、今年で3回目となります。昨年も、多くの皆さまにご参加をいただき、募金総額44,813,100円を寄付させていただくことができました。

今年は、昨年に続き、ハッピーセットのお買い上げが支援に繋がる『#食べる支援』に加え、Twitterにて愛を表すハートポーズの写真に特定のハッシュタグをつけて投稿するだけで支援に繋がる『#撮る支援』のほか、アーティストAIさんとのタイアップ楽曲「ラフィン・メディスン」を有料視聴(CD購入、楽曲ダウンロード、楽曲ストリーミング)することで支援に繋がる『#聴く支援』の3つの支援活動を行います。是非多くの皆さまに本活動にご参加いただければと考えております。

マックハッピーデーWEBサイト
(リンク »)

マクドナルドが社会貢献において一番大事にしていること。それは、未来を担うすべての子供たちが笑顔になること。その一環として“病気と闘う子供たち”を支援しています。マクドナルドではこれからも、より豊かなお食事の時間を過ごしていただける商品のご提供とともに、このような活動を通して社会に貢献する取り組みを進めてまいります。

※1 日本マクドナルド(株)およびマクドナルドフランチャイズ法人

(リンク ») (リンク ») (リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]