編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

特産品ポータルサイト「ふるさと本舗」、奈良県王寺町、京都府宇治田原町の2自治体情報を追加

~黒毛和牛やふぐ、ワイン、宇治抹茶や和菓子などが人気~

株式会社VOYAGE GROUP

2019-10-17 10:00

プレスリリース
2019年10月17日
株式会社ふるさと本舗
-----------------------------------
特産品ポータルサイト「ふるさと本舗」、奈良県王寺町、京都府宇治田原町の2自治体情報を追加
~黒毛和牛やふぐ、ワイン、宇治抹茶や和菓子などが人気~
(リンク »)
-----------------------------------


株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社ふるさと本舗(東京都渋谷区、代表取締役CEO:船方 翔馬)は、運営する特産品ポータルサイト「ふるさと本舗」( (リンク ») )において、新たに奈良県王寺町、京都府宇治田原町の2自治体情報を追加しました。

■新規自治体概要
・奈良県王寺町:奈良県の北西部に位置する王寺町は、明治時代に県内で初めて鉄道が開通した町で、大阪と奈良をむすぶ交通の要衝地にあたります。隣の斑鳩町には、世界遺産の法隆寺があり、王寺町にも達磨寺や太子葬送の道など、聖徳太子ゆかりの歴史がたくさん伝わっています。大阪の天王寺、奈良の法隆寺からも近く、便利な場所です。人気の返礼品は、黒毛和牛、ふぐ、ワインです。
(リンク »)

・京都府宇治田原町:近畿のまん中、京都府南部にある日本緑茶発祥の地、宇治田原町。江戸時代に「永谷宗円」翁が、緑茶の製法・青製煎茶製法を発明した、ほんまもんのお茶の産地です。町を見渡せばお茶の工場が立ち並び、お茶づくりの季節になると、そこかしこでお茶の香りが漂います。自分好みのお茶や、お茶に由来する名産品を手に入れるため、多くのお茶好きが宇治田原町を訪れます。“シンプルだけど奥深い”そんな日本緑茶をふるさと特産品でお楽しみください。茶文化が息づくハートフルな町は、地形もハートのカタチ。自然と都会が暮らしのすぐそばにあるいいとこどりのイナカマチです。ハートにちなんだ、特産品もラインナップしています。宇治抹茶、和菓子などが人気です。
(リンク »)


「ふるさと本舗」( (リンク ») )は、全国の美味しい特産品に特化し、ふるさと納税の寄付だけではなく、気に入った返礼品と同じ商品をいつでも購入することができる特産品ポータルサイトです。「ふるさと本舗」では、ふるさと納税制度をきっかけにした、自治体・生産者・寄付者の継続的な関係構築を支援し、地域活性化を目指しています。今後も、さらなる機能改善や賛同して下さる自治体の拡充を行うとともに、ユーザーの要望を取り入れつつ、自治体と共同で、ふるさと本舗オリジナル返礼品などにも取り組んでまいります。

■「ふるさと本舗」特長
1)全国の美味しい特産品に特化。
2)寄付するだけではなく、返礼品と同じ商品をいつでも購入も可能(2019年実装予定)。
3)定期便が充実。
4)分かりやすい控除シミュレーション機能。


【株式会社ふるさと本舗】 (リンク »)  
資本金:5,000万円(資本準備金含む)
設立日:2018年2月1日
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F
代表取締役CEO:船方 翔馬
取締役:長谷 竜也/古谷 和幸
監査役:野口 誉成
事業内容:ふるさと納税ポータルおよびECサイトの開発、運営


-----------------------------------
【報道関係者お問い合せ先】
株式会社VOYAGE GROUP 広報室 広報担当
TEL:03-4577-1451 FAX:FAX:03-4577-1499
お問い合わせフォーム: (リンク »)
-----------------------------------

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社VOYAGE GROUPの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]