編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

自動貯金アプリfinbee(フィンビー)、2.5億円の資金調達を実施

株式会社ネストエッグ

From: PR TIMES

2019-11-12 11:00



[画像1: (リンク ») ]

 自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を運営する株式会社ネストエッグ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田村 栄仁、以下「ネストエッグ」)は、このたび、新規投資家として伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 善久、証券コード8001、以下「伊藤忠商事」)、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平岡昭良、以下「日本ユニシス」)、並びに既存投資家としてSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉、以下「SBIインベストメント」)が運営する「FinTechファンド」を引受先とする第三者割当増資により、合計2.5億円の資金調達を実施致しましたことをお知らせ致します。

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

■背景と目的
2016年12月のサービスローンチ以降、累計12行の金融機関とのAPI連携(参照系・更新系)により多くのユーザー″ゴールベース預金(目的預金)“をご利用頂いております。徹底的にユーザー目線に立ち、生活に密着した貯金ルールの提供による「生活の貯金化」を目指して立ち上げたfinbeeを通じて、個々のユーザーの貯金目的にこめられた”欲しいもの、やりたいこと”といった思い・願いを”かなえる“ため、金融・非金融両面から様々な機能開発やサポートをしていくことを計画しております。
今回の資金調達においては、金融領域での広範なネットワーク、データ活用を含めたマーケティング領域での知見・ノウハウ、及び金融機関向けの強固な営業基盤などを有した伊藤忠商事・日本ユニシスに新たに株主として加わって頂くことで加速化するのと共に、既存株主であるSBIインベストメントからの追加支援を頂くことで、人材採用を含めた更なる経営基盤の強化を図ることを目的としております。

■finbee(フィンビー)サービス概要
2016年12月、「貯金をもっと楽しく、カンタンに」をコンセプトに、お客様のライフスタイルに合わせた貯金をサポートするアプリとしてサービスを開始致しました。ユーザーご自身の銀行口座と連携し、貯金目的や金額、ルールを設定することで簡単に自動貯金をご利用頂けます。日々歩いた歩数に応じて貯まる「歩数貯金」、特定のスポットにアクセスすると自動で貯金できる「チェックイン貯金」といった生活シーンに密着した貯金ルールや、家族、友人と共同で貯金ができる「シェア貯金」機能など、ユニークな機能でこれまでにない新しい貯金体験を提供しております。

■finbee(フィンビー)直近のデータ
2019年7月に累計貯金総額50億円(おためしユーザー含め約200億円)を突破致しました。ユーザーは主にミレニアル世代、特に20代の女性にご支持頂いております。また2019年10月に、ゲーム感覚で貯金をお楽しみいただける新機能「クエスト貯金」をローンチするなど、より便利で楽しい機能の提供を通じて、お客様の貯金生活のサポートに邁進しております。

■会社概要
会社名:株式会社ネストエッグ(英文社名 NestEgg, Inc.)
設立日:2016年4月1日
所在地:東京都中央区日本橋人形町3‐4‐7 三勝ビル3F
代表取締役社長:田村 栄仁
事業内容:貯金・決済サービスの企画・開発・運営
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]