「Chrome」に重大なゼロデイ脆弱性--今すぐアップデートを

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2024-05-13 09:26

 Googleは米国時間5月9日、ウェブブラウザー「Chrome」の重要なセキュリティアップデートをリリースした。ゼロデイ脆弱性「CVE-2024-4671」は、Chromeの「Visuals」コンポーネントに存在する「解放後使用(UAF: use-after-free)」の脆弱性だ。

 「ChromeのVisualsコンポーネントとは?」と疑問に思うかもしれないが、簡単に言えば、Chromeでコンテンツのレンダリングや表示を担当するコンポーネントだ。誰もがブラウザーでコンテンツを開くのだから、すべてのユーザーがこの脆弱性の影響を受ける。

 具体的に説明すると、攻撃者はこの脆弱性を悪用して領域外(OOB)メモリーアクセスができる。もっと分かりやすく言えば、悪意あるウェブページが含まれたウェブサイトにアクセスすると、コンピューターがまともに機能しなくなる、ということだ。マシンに搭載されているOSが「Linux」「macOS」「Windows」のどれであろうと関係ない。この脆弱性はどのOSにとっても等しくトラブルメーカーだ。

 匿名の研究者が発見してGoogleに直接報告されたCVE-2024-4671は、共通脆弱性評価システム(CVSS)のスコアが8.8で、重大な脆弱性だ。

 もっと悪質な脆弱性(CVSSの評価が9.0を超えると深刻度が「緊急」とされ、早急な修正が必要だ)にもなり得たが、今のままでも十分に悪質だ。攻撃者はこの脆弱性を突いて、コンピューターのデータを読み取ったり、クラッシュさせたり、場合によってはPCを乗っ取ったりすることもできる。要するに厄介な問題だ。

 CVE-2024-4671の嫌なところは、すでに悪用されている点だ。セキュリティアドバイザリには、CVE-2024-4671のエクスプロイトが存在することをGoogleは認識していると書かれている。

 確実に身を守るために、「設定」>「Chromeについて」と進んで、Chromeが最新バージョンであることを確認しよう。保護されている最新バージョンはMac版およびWindows版が「124.0.6367.201/.202」、Linux版が「124.0.6367.201」だ。「Extended Stable」チャンネルのユーザーには数日中にMac版およびWindows版の124.0.6367.201がリリースされる。

 のんびりしている場合ではない。安全でいるために、Chromeをすぐにアップデートしよう。

提供:Jack Wallen/ZDNET
提供:Jack Wallen/ZDNET

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]