編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

トライポッドワークス、働き方改革を支援する本人認証サービス事業を開始!

"LTE接続に特化した複数要素認証プラットフォームを提供"

トライポッドワークス株式会社

2019-11-27 11:00

トライポッドワークス株式会社は、このたび閉域SIMリモートアクセス時において本人認証を向上させる「複数要素認証プラットフォームサービス(商品名 : JinCreek(仮)」を法人向けに開始いたします。 3要素以上の本人認証プラットフォームを各通信事業者と協力し、なりすましのない安全なモバイルアクセスの提供を新事業として国内市場にて推し進める予定です。
トライポッドワークス株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:佐々木賢一、以下トライポッド)は、 このたび閉域SIMリモートアクセス時において本人認証を向上させる「複数要素認証プラットフォームサービス(商品名 : JinCreek(仮)」を法人向けに開始いたします。

本サービスは、一昨年から戦略商品企画本部(本部長:嶋村俊彦)により販売を開始したSIMフリーパソコンと通信事業者が提供する閉域SIMを組み合わせた、インターネットを経由せずに在宅勤務や社外から企業のLANに接続する閉域 SIMリモートアクセスサービスに、さらに複数要素認証を加えた"なりすまし防止"を主体とした本人認証サービスとなっており、外部からの不正アクセスやリモートアクセスに対して不安を抱いている企業に、[ネットワーク認証]と[端末認証]、そして[本人認証]といった企業内アクセスと同等の認証ポリシーを提供するサービスです。

トライポッドは、昨今の労働環境の多様化(働き方改革)や 5Gの到来、SIM通信における閉域網の普及、そして災害時の自宅勤務や東京オリンピックといったイベント時の時差勤務等により、今まで以上にWindowsパソコンやその他モバイル端末からオフィス環境へのアクセスが急増すると判断し、3要素以上の本人認証プラットフォームを各通信事業者と協力し、なりすましのない安全なモバイルアクセスの提供を新事業として国内市場にて推し進める予定です。

■JinCreekの特徴
1)社外からリモートアクセス時の安全性担保:[ネットワーク認証]と[端末認証]、そして[本人認証]といった企業内ポリシーと同様のサービスレベルだけでなく、SIMや端末の盗難、紛失時に複数要素認証により、なりすまし接続をブロックし、社外での労働環境における安全性を向上させます。

2)既存システムとの融合:今回リリースするサービスは、マイクロソフト社のAzure ADや既存の企業内ADサーバーとも連動し、企業側の変更を極力少なくし、社内と社外との認証をストレスフリーに行えるようにします。特にWindows 10の認証機能であるWindows Helloとはシームレスに端末から複数要素認証サーバー群、そして企業ADサーバーと連動できる仕様にしていることから、Windows Hello対応の指紋デバイスと顔認証をサポートしているカメラを実装しているパソコンであれば本認証サービスにおいて利便性を発揮できます。

3)通信会社との拡張性:SIM を提供する通信事業者とはトライポッドが提供する複数要素認証プラットフォームと専用線で接続するだけで複数要素認証SIMを簡単に法人企業に提供できることから、今後携帯キャリアのみならず、MVNOとも協業拡大を視野にいれ、閉域SIMを推進するキャリアフリープラットフォームを構築していく予定です。

4)パソコンメーカーとの協業:働き方改革や在宅勤務で利用されると想定されるSIM 対応ノートパソコンメーカーとも検証をすすめており、SIM 通信機能をもつパソコンメーカーともアライアンスを推進し、利用者の裾野を広げていく予定です。推奨端末は随時ホームページで告知する予定です。トライポッドにおいては独自の新型SIM フリー12インチWindows10 Pro 2in1 PC を2020 年2 月から販売開始を予定しており、Windows Hello 対応のフロントカメラ、指紋対応のキーボードの実装にて複数要素認証とともに働き方改革を支援、推進します(新型12 インチパソコンは2019 年12 月発表予定)。

5)生体認証開発会社とのアライアンス:マイクロソフト社のWindows Hello をはじめ、その他サードベンダ―認証開発会社ともアライアンスをすすめ、複数要素認証プラットフォームに随時追加し、エンドユーザーがそれぞれの認証方式を自由に組み合わせができるよう利便性と柔軟性を追求していく予定です。

6)通信会社網とセキュアな通信セッション管理:閉域SIM を提供する通信会社網から企業LAN へのアクセスは、各要素を認証した上で接続させるトライポッド独自の検疫型ネットワークアクセスを実現しているため、すべての要素認証が完了するまで一切企業のLAN に近づけさせません。今後、ダイナミックルーティングでの検疫方式もリリースし、マルチデバイスの環境でも、複数要素認証サービスが利用できるように致します。

■JinCreek サービス提供範囲と利用料
トライポッドでは、今回の複数要素認証において、働き方改革を進めている地方自治体や企業を中心に提供を行い、リモートアクセスでの業務遂行を支援していく予定です。特に子育てをしながら就労している女性市場への提供を積極的に行い、向こう3年で4 万アカウントの獲得を目指します。月額サービス料900 円/ユーザーを予定しております。

■JinCreek 対応通信会社
11 月から随時トライアル企業を募集し、その利便性を試していただく予定です。現在のところ、本複数要素認証サービス対応SIM の通信事業者は下記の通りとなります(2019 年11 月現在):

NEC ネッツエスアイ株式会社(ネッツワイヤレスサービス)
ソフトバンク株式会社(セキュアモバイルアクセス)

対応通信会社においては随時ホームページで公表していく予定です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライポッドワークス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]