編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

AWS Well-Architectedフレームワークの第3の柱: インフラストラクチャ保護(ネットワークセキュリティ)

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2019-12-03 09:00

バラクーダネットジャパンはコラム「AWS Well-Architectedフレームワークの第3の柱: インフラストラクチャ保護(ネットワークセキュリティ)」を公開しました。
###

019年11月11日、Rich Turner

このブログはAWS Well-Architectedフレームワークの5本の柱に関するシリーズ(7つのブログ)の第4の記事です。シリーズ全体については、Five Pillars for well-architected AWS securityをご参照ください。

多くの企業はクラウドのインフラストラクチャ保護(ネットワークセキュリティ)についてセキュリティフレームワークの検討を始めるという過ちを犯しています。セキュリティフレームワークは企業がこれまでオンプレミスの保護に使用してきた方法です。企業は、クラウドのセキュリティレベルはオンプレミスより低いと考えているか、オンプレミスのネットワークセキュリティ管理をクラウドに簡単にミラーリングできると考えていますが、このような考えは誤っています。

クラウドはオンプレミスと異なります。AWSの動作の基本である責任共有モデルは、本質的に、セットワークにアクセスする企業のセキュリティではなく、ネットワークセキュリティを保証するものです。つまり、クラウドを使用する企業は自社が攻撃と侵害を実行しないようにするセキュリティ対策を導入する必要があるということです。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]