編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

インフォマティカ、包括的データエンジニアリングソリューション「Informatica Data Engineering」を発表

ハイブリッドクラウド環境とマルチクラウド環境にわたるエンドツーエンドのデータマネジメントを支援

インフォマティカ・ジャパン株式会社

2019-12-05 14:00

インフォマティカ(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、以下インフォマティカ)は本日、新たに「Informatica Data Engineering」ソリューションを発表しました。本ソリューションは、ハイブリッドクラウド環境とマルチクラウド環境に対応しています。また、データエンジニアが、エンタープライズAIやアナリティクスに向けて、信頼性が高くアクセス可能なデータを提供するための機能を包括的に備えています。

今回発表となった「Informatica Data Engineering」ソリューションは、SparkやDelta Lake、サーバーレスといったクラウドプラットフォームの活用を検討している企業に対し、Databricksとのシームレスな統合を可能にします。また、データセットの検出が容易になったことで、複数のソースから大容量のデータを取り込むことができるようになりました。この結果、サーバーレス機能を活用することで、大規模なデータエンジニアリングパイプラインの構築やメンテナンスにかかるコストの削減を実現します。

さらに、「Informatica Data Engineering」ソリューションには、ハイブリッドクラウド環境やマルチクラウド環境にわたるエンドツーエンドのデータマネジメントを支援する、下記の機能が含まれています。
• Data Engineering Integration:ハイブリッドクラウド環境とマルチクラウド環境でのデータ取り込みや処理により、アナリティクスと機械学習向けデータパイプラインをインテリジェントに管理します。
• Data Engineering Streaming:ストリーミングやIoTなどの大規模データをコンテキストに沿ったインサイトに変換し、推奨されるアクションを提示します。
• Data Engineering Quality:クラウド環境とハイブリッド環境にある全てのデータのガバナンスが可能となり、データの信頼性と関連性を確保します。
• Data Engineering Masking:アプリケーション、BI、AI、アナリティクスのユースケースに含まれるデータを匿名化し、情報漏洩のリスクを最小化します。
• Enterprise Data Catalog:全ての環境に存在するデータセットを分類・整理することでリネージを確保します。データの価値と再利用性を最大限に引き出します。
• Enterprise Data Preparation:アナリティクスとAIを独自の方法で組み合わせて、データの特定、準備、品質を確保します。この結果、データアナリストやデータサイエンティストはより迅速に意思決定ができるようになります。
• Mass Ingestion:簡単な5ステップのウィザードにより、データ、ファイル、データベースといったさまざまなソースから大規模なデータを取り込むことができます。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]