編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

SAS、新型コロナウイルス感染拡大を受け、アナリティクスと人工知能を活用して地域社会に貢献

SAS Institute Japan株式会社

From: Digital PR Platform

2020-05-13 11:09


世界が全力で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との戦いを続ける中、情報提供と取り組みの支援を目的とした多くの無料リソースが世界中の組織に利用可能になっています。アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、新型コロナウイルス感染症対策において、同社の持つ最も革新的なテクノロジーを新たな方法で活用する、COVID-19 Data Analyticsリソースハブサイトを公開します。
(リンク »)

これにより、あらゆる業界の企業や個人のウイルスとの戦いを支援し、最も必要とされる場所でアナリティクスの力を機能させることができます。

SASのCOVID-19リソースハブサイトでは無料のリソースやツールを揃えて提供し、パンデミックによってもたらされる混乱に対応するために、「対応」、「回復」、「再構築」の3つのフェーズを通じてアナリティクスの機能を解放します。新型コロナウイルスに関わる知見を探り、最新のグローバルな統計を追跡し、最も重要となる実際のデータや高度な分析ソフトウェアへのアクセスを可能にすることで、新たなトレンドや洞察を明らかにすることができます。

新型コロナウイルスに関するデータの視覚化と発見
SASは新型コロナウイルスに関する洞察に誰でもリアルタイムでアクセスできるようにすることで、アナリティクス・コミュニティのメンバーに限らず、Coronavirus Dashboard Reportでパンデミックに関する最新情報を知り、追跡できるようにします。この動的なデータ視覚化ダッシュボードはSAS® Visual Analyticsの機能を活用することで、インタラクティブなチャートやグラフ、ダイアグラムなどを通じてユーザーが最新データを調べられるようになっており、ドリルダウン機能で世界中の症例についての現状や地域情報、拡散状況や動向など、詳細な分析を示すことができます。

データのエキスパート向けには、新しいData Discovery EnvironmentでSAS® Viyaへの30日間無料アクセスが提供されます。ユーザーはダッシュボードや詳細レポートのほか、世界保健機構(WHO)、米National Health Council(NHC)、疾病予防管理センター(CDC)等の情報を統合した新型コロナウイルスの実際のデータにアクセスできます。このアプリケーションを通じて、ユーザーは堅牢な予測モデルの作成が可能となり、機械学習やデータマイニング、最適化、モデル管理などの各種機能による予測とレポートの作成が可能になります。付属のData Discovery Learning Portalは、無料のトレーニングコースとビデオへのアクセスを提供し、アナリティクス・ジャーニーや新型コロナウイルスに関する知見に沿ってユーザーを支援します。

このオンライン・ハブには、分析スキルをさらに高めたい人向けに、一般ユーザーも専門家も無数のオプションを自由に選択して学習できるSAS トレーニングも含まれており、ウェビナー、上級者向けのライブWebコース、さらにeブック、eラーニング、SASラーニングの30日間無料サブスクリプションやSAS Academy for Data Scienceを含めた各種の無料リソースが利用できます。

アナリティクスやパートナーシップを通じて数字に強くなる
COVID-19リソースハブでは世界中のアナリティクスの専門家が集結して調査研究や連携が行われると同時に、ユーザーにSAS のさまざまな取り組みや新型コロナウイルスに関連する多数の有益な記事やブログも提供します。
ユーザーはさまざまな事例を検討して、世界各国のSASの顧客やパートナーがアナリティクスをどのように活用して可視化や予測を行い、情報に基づいた意思決定を行っているのかを学ぶことができます。これにより、現在および新型コロナウイルス終息後の世界を安全でより良いものとすることができます。例えば、米クリーブランド クリニックでは予測モデルを用いて、現在および将来の医療ニーズのための計画に役立てており、独ロベルト・コッホ研究所ではわずか数日で予測プラットフォームを構築し、人工呼吸器を備えた集中治療室(ICU)の稼働状況の追跡・最適化に活用しています。

SASのデジタル・エクスペリエンス担当ディレクターであるスコット・カルダーウッド(Scott Calderwood)は次のように述べています。「SASは常に知識こそ力であるという信念のもとで真摯な取り組みを続けてきています。COVID-19リソースハブはアナリティクス・コミュニティに情報とインスピレーション、可能性をもたらし、新たな変化を生み出すことができます。個人も企業も適応を余儀なくされる中、私たちはアナリティクスに、高い需要のあるリソースの割り当てや効果予測、感染可能性の把握、不正行為の検知と阻止、医療の改善に役立つ力があることを実感しています。品質の高いデータとアナリティクスを通じた最適な意思決定により、我々は共により良い成果をあげることができるでしょう。」

世界中の組織がどのようにSAS Analyticsを活用して医療を改善し、人々の命を救い、パンデミックの収束に役立てているかを知るには、COVID-19 Data Analytics リソースハブをご覧ください。
(リンク »)

*2020年4月28日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。
(リンク »)
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]