編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

テラデータ、フォルクスワーゲンの世界最大規模クラウド生産システムのテクノロジーパートナーに

日本テラデータ株式会社

From: PR TIMES

2020-07-27 19:41

データ分析基盤ソフトウェアTeradata Vantageで インダストリアルIoTデータ分析をサポート



米国サンディエゴおよびドイツ・ミュンヘン発 – 2020年7月27日 – パーベイシブ・データ・インテリジェンスを提供するクラウドベースのデータとアナリティクスのリーディングカンパニー、テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は本日、 フォルクスワーゲン・グループ(以下VW)の世界最大規模のクラウド生産システム「Volkswagen Industrial Cloud」(以下、同システム)のテクノロジー・パートナーとなることを発表します。

同システムは、VWがアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)と協業のもと開発を進めているクラウド生産システムです。VWが全世界で運用する全122の生産工場のIT基盤を単一のクラウドに移行し、すべての機械、プラント、システムのデータを結合するオープンIoTプラットフォームを構築します。テラデータは、クラウドベースのデータとアナリティクスのソリューションを提供し、VWの生産プロセスの最適化と工場の生産性向上の推進をサポートします。
[画像: (リンク ») ]

テラデータの中央ヨーロッパ担当バイス・プレジデントSascha Puljicは次のように述べています。「フォルクスワーゲンのパートナーとしてこのオープンIoTプラットフォームの開発に加わり、他の先進企業とともにデジタル生産の未来を形作る取組みに参加できることを嬉しく思います。弊社のクラウドベースのデータとアナリティクスのソリューションは、包括的なインテリジェンスを提供し、フォルクスワーゲンが生産工程においてデータの価値をフルに活用して効率と品質を向上できるようサポートします。」

同システムの目的は、VWのバリューチェーン全体で各社を統合し、データとサービスを共有する巨大なパートナーネットワークを構築し、サプライヤー、テクノロジープロバイダー、システムインテグレーター、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、物流業者、製造業者などのすべてのパートナーがその利点を得られるようにすることです。

将来的には、すべてのセンサーデータやその他さまざまな情報が、このクラウドベースのプラットフォームに統合され、インテリジェントなアルゴリズムによって分析されます。関連するデータは同システムにおいてパートナー企業各社が利用可能になる予定であり、これにより生産および物流プロセスを最適化する大きな可能性が生まれます。

この取り組みに対して、テラデータはインダストリアルIoTデータ分析における広範な経験と、AWS上で利用可能なデータ分析基盤ソフトウェアTeradata Vantageを提供します。クラウド上でのデータ分析は、VWの生産現場において、生産量の最適化、データに基づく品質保証の実施、予防保全の実現などに利用されます。こうした分析が、VWによる効率化の目標達成へと導きます。

事例:生産の最適化と生産性の向上
こうした生産プロセス改善に向けたVWの取り組みをサポートする上でテラデータが果たす役割の一例としては、初期ユースケースの1つが、製造工程における溶接プロセスのデータの分析が挙げられます。

スポット溶接データと追加的なメタデータをTeradata Vantage内で統合し分析します。
マシンラーニングを含む分析モデルの利用により、様々な品質特性に基づいてデータを分類および精製を行います。
この分析結果に基づいて、下流の検査プロセスを最適化したり、必要とされるリワーク(追加作業)を個別に割り当てたりすることが可能になります。
その成果として、製造された部品の品質が確信的で実証済みのものとなるだけでなく、生産および品質保証プロセスの効率が高まります。


テラデータが将来的に貢献できるもう1つの例が、VWで現在検討されている一連の予備プロジェクトへの参加です。テラデータは、AI(人工知能)の利用により、生産プロセスの効率をさらに高められる部分を特定することができました。それぞれの生産工場でのシーケンス最適化を分析し、それと同時に、生産プロセスおよび製品の品質予測も可能にしました。

これらのユースケースは、製造業の分野におけるテラデータが蓄積してきた高い専門性と豊富な知識に裏付けされたものであり、生産プロセスの最適化と生産性の向上を実現するデータ統合の力を実証するものです。

テラデータについて
テラデータは、データの力でビジネスと人々の生活をより良くします。 利用可能な全てのデータを分析可能にし、いつでも、どこでも、あらゆるデータを大規模に活用して、リアルタイムにインテリジェンスを見つけ出します。また、アナリティクスを実現する際の課題となる、複雑性、コスト、リソース不足などを克服し、お客様の最も困難なビジネス課題に価値ある「答え」を導き出します。この世界を、データ駆動型の「パーベイシブ・データ・インテリジェンス」と定義し、実現していきます。

テラデータの主力製品であるデータ分析基盤ソフトウェア「Teradata Vantage」は、データウェアハウスとデータレイクをクラウド、オンプレミス、マルチクラウドまたはハイブリッドクラウド上で統合し、すべてのデータにアクセスできるようにします。エンタープライズレベルのハイパフォーマンス、高可用性、高拡張性を備え、マシンラーニングをはじめとする最新の高度なアナリティクスを行う各種言語、ツールを活用した大規模なアナリティクスを実現することで、お客様のすべてのビジネス課題に価値ある「答え」をリアルタイムで提供します。詳細はteradata.comをご覧ください。
# # #
Teradataのロゴは、米国テラデータ・コーポレーションの商標です。Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションまたは関連会社の米国およびその他各国における登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本テラデータ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]