編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ハイパーオートメーションを成功させるため、プロセスナレッジにハイパーチューモクしましょう(RPAの話)

日商エレクトロニクス商社ERP/IT企業ERP by GRANDIT

2020-09-01 08:00

野田貴子氏のコラム「ハイパーオートメーションを成功させるため、プロセスナレッジにハイパーチューモクしましょう(RPAの話)」が日商エレクトロニクスで公開されました。興味がある方はご覧ください。
--

みなさんは、コンテンツを理解しハイパーオートメーションを実現するために、ロボットによる業務自動化(RPA)や機械学習といったインテリジェントな自動化ツールへの投資を増やしたいと考えていますか? 実は、多くの方がそう考えています。ハイパーオートメーションは2020年の戦略的テクノロジートレンドの上位に入り、より高レベルな自動化の実現を目指している組織はすぐにこれに夢中になりました。ハイパーオートメーションは業務を遂行するための機械学習や自動化ソフトウェアだけでなく、発見、分析、設計、自動化、測定、監視、再評価など、自動化につながるすべてのステップを包括しています。

アドホックなプロジェクトにRPAを使用し、プロセスのエコシステム全体を包括的に見ていないとき、多くの組織が見落としてしまうのが、このようにプロセスの発見と理解に重点を置くことなのです。さらに、RPAプラットフォームにはルーチン作業を自動化するという簡単な仕事がありますが、このハイパーオートメーションの時代では、顧客はそれ以上のものを求めています。

プロセスに関する見識や、プロセスマイニングおよびRPAツールを使用した経験について、グローバル企業を対象にABBYYが委託した新しい「State of Process Mining and Robotic Process Automation」調査で、プロセス優先のアプローチを取らなかった場合の影響が明らかになりました。

(この続きは以下をご覧ください)

(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]