編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

サブスクリプションビジネスプラットフォームの「Zuora Central Platform」とSBペイメントサービスの決済サービスが連携

Zuora Japan株式会社

From: PR TIMES

2020-10-20 14:16

GeForce NOW Powered by SoftBankで連携サービスを初めて採用



サブスクリプション管理プラットフォームのリーディングプロバイダである Zuora, Inc. (本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ)の日本法人 Zuora Japan株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 桑野 順一郎、以下「Zuora Japan」)と、ソフトバンク株式会社の子会社であるSBペイメントサービス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 榛葉 淳、以下「SBPS」)は、世界で1,000社以上が利用するサブスクリプションビジネス・プラットフォーム「Zuora Central Platform」と、SBPSのオンライン決済サービスの連携を開始しましたのでお知らせします。これにより、「Zuora Central Platform」を利用する事業者はシステムを開発することなくSBPSのクレジットカード決済を利用できるようになります※1。また、SBPSの決済サービスが連携された「Zuora Central Platform」は、ソフトバンク株式会社が提供するクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」で初めて採用されました。

Zuora Japan とSBPSは、サブスクリプションのビジネスを展開する事業者のニーズにお応えする利便性の高いサービスを提供していきます。
[画像: (リンク ») ]



「GeForce NOW Powered by SoftBank」で採用された背景

「GeForce NOW Powered by SoftBank」は、エヌビディア コーポレーション(以下「NVIDIA」)が世界で展開するクラウドゲーミングサービスの日本版です。ゲームをプレイする時に発生する、高い負荷がかかるデータ処理をサーバー側で行った上でストリーミング配信するため、高負荷な処理ができないパソコンやタブレット、スマートフォンなどデバイスの種類を問わずに、あらゆるゲームをいつでもどこでも楽しめます。キャリアを問わずご利用可能なため、どなたでも便利に月額料金をお支払いいただけるプラットフォームとしてSBPSの決済サービスが連携された「Zuora Central Platform」が採用されました。


Zuora(R)について

Zuora(R)は、あらゆる業界向けのサブスクリプション・ビジネスの収益向上を支援するクラウドベースのプラットフォームを提供しています。サブスクリプション・エコノミー(Subscription Economy(R))を推進するZuora(R)プラットフォームは、従来のプロダクト販売のビジネスモデルからサブスクリプション型のビジネスモデルへのビジネスモデル変革の支援を行い、サブスクリプション・ビジネスにおける新規顧客獲得、既存顧客へのアップセル・クロスセルの強化、解約率の削減による収益向上と業務の効率化を実現します。また、従来のERPやCRM、販売管理などのシステムでは対応できない、サブスクリプション・ビジネスのプライシング、見積、Web販売、契約管理、請求・回収、売上集計、レポート・分析を、一気通貫のサービスで支援します。Zuora(R)は、リコー、NEC、ソフトバンク、Box、DocuSign、freee、弥生、チームスピリット、SmartHR、MONET Technologies、Okta、Zoom、Zendesk、AT&T、トリップアドバイザー、ダイヤモンド社 、弁護士ドットコムなど、世界中で1,000社以上の企業にサービスを提供しています。本社はシリコンバレーにあり、米国、EMEA、APACでグローバルにオフィスを展開しています。Zuora Japanのプラットフォームに関する詳細は、 (リンク ») にてご確認ください。


SBペイメントサービス株式会社について

SBペイメントサービス株式会社は、ECやネットショップに欠かすことのできないクレジットカード決済などのオンライン決済サービスに加え、店舗や訪問販売など、対面販売でクレジットカード決済・電子マネー・QRコード決済を利用できる店舗向け決済サービスを提供しています。Visa、Mastercardの国際的なクレジットカードブランドのライセンスを保有し、決済代行に留まらず、アクワイアラの立場として加盟店審査や管理業務、決済サービスの提供までワンストップで行っています。さらに、ショップを運営する上で必要な集客や売上拡大をサポートする「マーケティング支援プラン」※2、ECサイトにおける不正使用の低減に貢献する「不正検知サービス」「不正チャージバック保証サービス」※3を無償で提供し、事業者の有効なビジネスチャンスの創出のサポートを行っています。

※1 SBPSとの契約が必要になりますので、詳細はお問い合わせください。
※2 マーケティング支援プランの詳細はこちら( (リンク ») )をご確認ください。
※3 不正検知サービス、不正チャージバック保証サービスの詳細はこちら( (リンク ») )をご確認ください。

・「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
・記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。


会社概要

Zuora Japan株式会社
■代表者 :代表取締役社長 桑野 順一郎
■所在地 :東京都千代田区丸の内1-6-5 Wework9F
■設 立 :2015年7月
■事業内容:サブスクリプション型のビジネスを営む企業向けに最適化したSaaSアプリケーションの開発・販売・提供
■URL  : (リンク »)

SBペイメントサービス株式会社
■代表者 :代表取締役社長 兼 CEO 榛葉 淳
■所在地 :東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル25F
■設 立 :2004年10月1日
■事業内容: 決済サービス、集金代行および企業の計算事務代行、アクワイアリング(カード加盟店業務)事業、イシュイング(カード発行業務)事業
■URL  : (リンク »)


「Zuora Central Platform」に関するお問い合わせ

Zuora Japan株式会社
お問い合わせフォーム: (リンク »)


決済サービスに関するお問い合わせ

SBペイメントサービス株式会社〉
お問い合わせフォーム: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]