編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

販売パートナー制度『OKWAVE パートナープログラム』を拡張

テレワーク等で急増するナレッジ課題へ、国内シェアトップのソリューションを提案できる最上位資格を新設

株式会社オウケイウェイヴ

2020-11-30 14:00

互い助け合いをベースとした法人・個人向け製品サービスを展開する株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:福田 道夫)は、FAQシステム「OKBIZ. for FAQ」などの当社ソリューション製品の代理販売や製品連携を行いたい企業向けの『OKWAVE パートナープログラム』を拡張し、新たにセールスパートナー(販売代理店)向けの認定資格制度の最上位資格「OKWAVE認定セールススペシャリスト(上級)」の提供を開始しました。
(リンク »)

このたび新設した認定資格制度「OKWAVE認定セールススペシャリスト(上級)」は、社内外のお問い合わせ対応業務に活用される、当社開発のFAQシステム国内市場シェアトップの「OKBIZ. for FAQ」(以下、「OKBIZ.」シリーズ)をはじめとするソリューション製品の代理販売を行う法人等に所属する個人を対象とした最上位資格です。「OKBIZ.」シリーズの販売に必要な知識とスキルを体系的に取得し、エンドクライアントへの提案活動を効果的に実施できることを認定する従来の「OKWAVE認定セールススペシャリスト」資格に対し、本最上位資格ではオプションサービスの説明や契約・見積作成など、より広範な製品知識を試験を通じて認定します。セールススペシャリスト資格の最上位レベルに位置づけることに加え、代理販売実務においても、エンドクライアントに対してより高度な提案ができることが見込まれ、さらなる代理販売機会の拡大を期待しています。とくにコロナ禍におけるテレワーク導入等により急増する、お問い合わせ対応や情報共有といったナレッジへの課題への適切な提案機会等を想定しています。

当社では「OKBIZ.」シリーズの当社営業部門による直接販売に加え、代理店販売を行うセールスパートナー制度ならびに他製品と組み合わせた新たなソリューション提案を行うサービスパートナー制度を提供する『OKWAVE パートナープログラム』を推進しています。その一環として認定資格制度「OKWAVE認定セールススペシャリスト」を2017年に開始し現在までに販売代理店等に所属する約230名が同資格を取得し、日本全国における代理販売網を構築しています。
本最上位資格の提供においては、セールスパートナーへの講習会を定期的に開催し、セールススペシャリストの底上げを図ります。なお、認定資格試験はオンラインにて無料で実施・認定を行い、今後1年間で100名の最上位資格取得者を見込みます。

当社は今後もソリューション提供に留まらず、サポート領域におけるトータルサービスの提供を行っていきます。

■「OKWAVE認定セールススペシャリスト(上級)」詳細
○内容:セールススペシャリストの最上位資格として、「OKBIZ.」シリーズのオプション説明や契約・見積作成などの応用的な知識を証明する、個人を対象とした資格
○認定のメリット:認定証の提供ならびに認定ロゴの提供(名刺/提案書へ挿入可)
○試験について:
・出題数:10問(1問10点)
・受験料:無料
・出題形式:択一式
・合格基準:80点以上
・更新:なし
・受験資格:「OKWAVE認定セールススペシャリスト」資格取得者

■株式会社オウケイウェイヴについて  (リンク »)
株式会社オウケイウェイヴ(証券コード:3808)は1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、Q&Aサイト「OKWAVE( (リンク ») )」を2000年1月より運営しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基にした、大手企業、自治体600サイト以上が導入する国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ( (リンク ») )」やAIチャットボット「OKBIZ. for AI Chatbot( (リンク ») )」、サンクスカードサービス「OKWAVE GRATICA」( (リンク ») )、中小企業向けヘルプデスクツール「OKWAVE IBiSE」( (リンク ») )、AMLソリューション「OKWAVE JaNUS」( (リンク ») )などを提供しています。今後はこれらの製品サービスを、テレワークをはじめとする次世代の働き方に対応したソリューションとしての展開や、アジア圏への拡販を進め、社会課題の解決に寄与していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]