編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ラック、「標的型攻撃メール訓練 T3」を提供開始 ~社員のセキュリティレベルを向上させたい教育ニーズに応え、標的型メール訓練を刷新~

株式会社ラック

From: DreamNews

2021-03-26 14:30

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下ラック)は、2021年3月26日より、標的型攻撃メールに対する体験型学習を行う「標的型攻撃メール訓練 T3(ティースリー)」の提供を開始しました。



近年、企業の従業員が使用するパソコンにおいて、標的型攻撃メールによるEmotetなどのマルウェア感染が拡大しています。マルウェアを侵入させるための偽メールが、実際の取引先を騙るなど巧妙になってきていることや、マルウェア侵入時にもセキュリティソフトが検知できないことが多くなっているのが原因です。そこで、再び利用者の気づき(アウェアネス)を高め、不審メールを見分ける力を向上させる、教育、訓練に注目が集まっています。また、より自社のビジネスに最適化した内容、タイミングで実施したいというニーズも高まっています。

標的型攻撃メール訓練 T3は、自社の特性にマッチした学習効果の高いトレーニングを実施したい、自由に「訓練用の疑似攻撃メール」を作り、実施タイミングもフレキシブルに行いたいというお客様の声に応えて、「標的型攻撃メール訓練」をゼロから考え直し、システムの設計や使いやすさを刷新しました。

■特徴
1)訓練システムを自由に使えノウハウを自社内に蓄積できる
このサービスでは、訓練メールのテンプレート(約50種類、カスタマイズ可)や、配信タイミング、配信対象などを自社内でコントロールでき、臨機応変な訓練の実施が可能となります。

2)訓練の設定や実施状況を一括管理できるユーザーインターフェース
訓練システムには、偽メールの種類、配信タイミング、配信対象などの訓練の設定が簡単に行える新たなユーザーインターフェースを実装しました。また、訓練の実施状況確認や、実施後のアンケートも行うことができ、訓練結果の報告書をシステムからダウンロード可能です。

3)利用しやすい価格帯でのサービス提供
メール配信の準備作業から訓練結果の報告書ダウンロードまで、全ての工程を利用者が実施することで、低価格でサービスをご利用いただけます。実施期間も短縮され、コストパフォーマンスの高い訓練を実施することができます。

■サービスラインナップ
・標的型攻撃メール訓練サービスT3
ラックは標的型攻撃メール訓練システムへのアクセスアカウントのみを発行し、利用者が自由に訓練内容や配信内容、配信対象を設定し、訓練をセルフサービスで実施できます。



・標的型攻撃メール訓練サービスT3 Plus
T3では対応できない、より高度な訓練を実施したいというニーズに応えるため、ラックがお客様の計画に基づきメール配信から実施後の報告会までフルサポートを行います。



※アンケート内容の作成と報告会の実施は別途有料のオプションとなります

■サービス利用料金
メールの配信数によって、利用料金は異なります。
<参考価格 / 総配信数100件の場合>
標的型攻撃メール訓練 T3:231,000円(税込)
標的型攻撃メール訓練サービスT3 Plus:968,000円(税込)
※金額はオプションにより変動します

■サービス名称「T3」の由来
「T3」は、標的型攻撃メール訓練という長い名称を短くし、利用者に憶えやすくするためにTargeted Threat mail Trainingの頭文字をとって、サービス名称としています。

■標的型攻撃メール訓練 T3 について
(リンク »)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ラックの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]