編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

テンプル大学ジャパンキャンパスとの連携 -- グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科でもダブルディグリー・プログラム開始(昭和女子大学)

昭和女子大学

From: Digital PR Platform

2021-05-17 20:05




昭和女子大学(学長:小原奈津子/東京都世田谷区)グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科では、2020年度以降の入学者を対象に「SWU-TUJダブルディグリー・プログラム」を開始します。このプログラムに参加する学生は、昭和女子大学で3年、敷地内にある米国ペンシルベニア州立テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)で2年、計5年間学び、日米の大学から2つの学位取得を目指します。




 TUJとのダブルディグリー・プログラムは2020年に国際学部でスタートし、国際学科と英語コミュニケーション学科の学生4人がTUJで学び、2022年度の卒業を目指しています。
 TUJの授業はすべて英語で行われるため、「IELTS6.0以上、TOEFLPBT550点以上、GPA2.7以上」という成績の基準を達成することが求められます。このため、ビジネスデザイン学科では1年次から経済学やマーケティング、ファイナンスなどを英語で学び、3年次秋学期からTUJ編入を目指します。昭和女子大学では「経営学士」を、TUJではGeneral Studies Major(教養学科)、Economics(経済学)コンセントレーションの「BA(学士)」を取得します。
 このプログラムは、TUJからの特別奨学金により原則として昭和女子大学5年間の授業料で両大学の学位を取得できます。コロナ禍において海外渡航制限がある中、昭和女子大学の学生が日本にいながら同じ敷地内にキャンパスを持つTUJで米国の大学の授業を履修、学位取得できるのは大きなメリットとなります。

■昭和女子大学の「ダブルディグリー・プログラム」
 中国の国家重点大学である上海交通大学との間では、2017年度以降26人の学生が両大学の学位を取得して卒業しています。韓国のソウル女子大学校および淑明女子大学校とも実施し、現在各プログラムに参加している学生数は以下の通りです。
  上海交通大学: 47人
  ソウル女子大学校: 10人
  淑明女子大学校: 2人
  テンプル大学ジャパンキャンパス: 4人

■テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)との連携
 2019年秋に昭和女子大学の敷地内にTUJが移転したのを機に連携を強化しています。ダブルディグリー・プログラムのほか、全学部の学生を対象に授業履修や単位互換制度があるほか、「日本語サロン」「英語サロン」などで学生同士が活発に交流しています。校舎が隣接するメリットを生かし、両大学の学生と教職員が協働しながら学び合うことで、さまざまな多文化交流が生まれています。
 
<関連記事>
・上海交通大学とのダブルディグリー・プログラム第4期生を輩出 - 両大学の学位取得者8人が卒業(2021/319)
  (リンク »)
・テンプル大学ジャパンキャンパスと2大学の学位取得  ダブルディグリー・プログラムに1期生4人が挑戦(2020/9/17)
  (リンク »)
・テンプル大学ジャパンキャンパスと初の合同授業「コミュニティーアート」開講(2020/12/23)
  (リンク »)


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]