編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

エフセキュア、コネクテッドホームの推進に向けてKAONとIncognitoと共同でISP向けソリューション提供へ

~ ISPによる短期間でのホームデバイス向けゲートウェイセキュリティサービスの提供が可能に ~

エフセキュア株式会社

2021-10-14 10:00

エフセキュアは、ホームネットワークデバイス/サービスによる統合ソリューションを提供する韓国KAON Broadband社 (以下、KAON)、ブロードバンドサービスオーケストレーションソフトウェアで知られるカナダのIncognito社 (以下、Incognito) との協業を通じ、無限の拡張性を備えた完全に統合されたエンドツーエンドのコネクテッドホームセキュリティを提供する、新しい統合サービスを発表しました。
先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Juhani Hintikka、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、ホームネットワークデバイス/サービスによる統合ソリューションを提供する韓国KAON Broadband社 (以下、KAON)、ブロードバンドサービスオーケストレーションソフトウェアで知られるカナダのIncognito社 (以下、Incognito) との協業を通じ、無限の拡張性を備えた完全に統合されたエンドツーエンドのコネクテッドホームセキュリティを提供する、新しい統合サービスを発表しました。

KAONのQuantum Platform、IncognitoのDigital Experience (DX) Auto Configuration Serverソリューション、そしてF-Secure SENSEの組み合わせにより、インターネット接続プロバイダ (ISP) のユーザーへのサービス提供、リモート管理、およびセキュリティが強化されることとなります。

F-Secureでビジネスデベロップメントマネージャーを務めるSteven Offerein (スティーヴン・オファリン) は、今回のパートナーシップについて次のように語っています。
「ISPにとって、ルーターはもはや単なるインターネット接続のためのハードウェアに留まりません。ISPは、クラス最高レベルのソリューションを求めていますが、個別にサービスを提供することは困難です。3社による今回の協業により、ISPはユーザーへの新しいコネクテッドホームセキュリティを数ヶ月ではなく数週間で提供開始することが可能になります。」

KAONのQuantum Open Standard Platformは、ISPが新サービスをシームレスに追加することを可能にします。App Storeでは、オープンソースベースのライセンスフリーのプラットフォームで利用可能なサービスが横断的に提供されています。
KAONの製品責任者であるCarlos Santos (カルロス・サントス) 氏は、3社の協業について、こう説明します。
「この協業は、私たちのプラットフォームを介してコネクテッドホームセキュリティを展開するプロセスを劇的に簡素化するものです。標準ベースの環境と組み合わされたコンテナ化により、ISPが求めていた迅速な市場投入、拡張性、そして長期的な柔軟性を実現します。」

IncognitoのDX Auto Configuration Serverソリューションは、ルーター上のコンテナ化されたサービスがインストール/アクティベートされ、簡単にアップデートされることを保証し、刻々と変化する脅威の状況に対してF-Secure SENSEが常に最高の保護機能を提供できるようにします。
Incognito社のCOO (最高執行責任者) であるPete Koat (ピート・コート) 氏は、以下のようにコメントしています。
「リモート管理は、スマートなコネクテッドホーム向け/エンタープライズのためのIoT (モノのインターネット) 向けのセキュリティやその他の仮想化アプリケーションなどのダイナミックな付加価値を提供することで、ルーターの価値を最大限に高めたいと考えているISPにとって、ゲームチェンジャーとなる配信メカニズムです。当社のソリューションは、ISPがユニークセリングポイントを活かしてスマートホーム向けサービスというエキサイティングな新市場に参入することを容易にする、様々な機能を備えています。さらに重要なことは、将来の成長を可能にするものだということです。」

F-Secure SENSEにより、PC、タブレット、スマートテレビ、ベビーモニターなど、家庭内のインターネット接続機器のセキュリティを簡単に保護/管理することができます。

今回のパートナーシップは、複数の重要なサービスを1つのシンプルな統合サービスとするものです。
「3社の協業により、ライフサイクル管理のあらゆる側面が考慮された、ISPが即時展開可能なソリューションが誕生しました。これは、F-Secure SENSEソリューションを常に最新の状態に保つために、統合前からユーザへのサービス提供までの全てのフェーズをカバーするものです。これこそが、最高レベルの保護をユーザーの皆様にお届けするための、勝利の方程式だと言えます。」と、Offereinは締めくくっています。

F-Secure SENSEの詳細情報は、以下のページでご覧いただけます。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

F-Secure_SENSE_20211014

用語解説

エフセキュアについて

エフセキュアほど現実世界のサイバー脅威についての知見を持つ企業は市場に存在しません。数百名にのぼる業界で最も優れたセキュリティコンサルタント、何百万台ものデバイスに搭載された数多くの受賞歴を誇るソフトウェア、進化し続ける革新的なセキュリティ対策に関するAIテクノロジー、そして「検知と対応」。これらの橋渡しをするのがエフセキュアです。当社は、大手銀行機関、航空会社、そして世界中の多くのエンタープライズから、「世界で最も強力な脅威に打ち勝つ」という私たちのコミットメントに対する信頼を勝ち取っています。グローバルなトップクラスのチャネルパートナー、200社以上のサービスプロバイダーにより構成されるネットワークと共にエンタープライズクラスのサイバーセキュリティを提供すること、それがエフセキュアの使命です。
エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細は (リンク ») (英語) および (リンク ») (日本語) をご覧ください。また、Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]