編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

グローバルなCOVID-19安全イノベーターが提供プログラムを拡大

Safely2Prosperity

From: 共同通信PRワイヤー

2021-11-25 11:32

AsiaNet 93259 (2976)

【ボストン2021年11月24日PR Newswire=共同通信JBN】
*「従業員の安全に賢く投資する」
*米労働省OSHAの現COVIDルールに準拠したSaaSプラットフォームの強化を含む

Safely2Prosperity LLC( (リンク ») )最高経営責任者(CEO)のJohn Norris( (リンク ») )氏(JD、MBA)は、S2Pの新たな「COVID-19安全プラットフォーム」と「従業員ダッシュボード」の迅速なデモンストレーションと即時導入が可能になったと発表した。アドオンと共に、雇用者に世界初の包括的なCOVID安全プログラムを提供する。

Photo - (リンク »)
Logo - (リンク »)

さらに強化されたCOVID安全プログラムは、以下を提供することで従業員の安全を向上させる。

1.組織化された準備、監督、管理。
2.マルチダッシュボード・カスタムレポートを含む、24時間年中無休の監視と追跡。
3.継続的なリスク監視とリスク評価に基づくアラーム、アラート、トレンドなどの効果的な防止、低減などのツール。
4.従業員の保護や法律、規制基準順守に努めていたことを法的に証明する記録。

また、(1)郡、施設、フロアレベル(2)部門、地域、施設管理者レベル(3)チーム、シフト、日付、時間、直属の管理者レベルでのリスク、対応策の評価と報告が、直感的かつ安全にできる。

デモの手配は、617-680-3127またはinfo@safely2prosperity.com からS2Pに問い合わせるか、弊社ウェブサイトwww.safely2prosperity.com (リンク ») にアクセスを。

Norris氏は「S2PのOSHAに準拠している先進的なSaaSプラットフォームと従業員ダッシュボードは、CEOから最高人事責任者(CHRO)、従業員自身にいたるまでの組織全体が、COVID-19に対する責任と対応をより効率的、安全かつ効果的に管理できるようにしてくれる」と語った。

最終的な目標:従業員を安全に職場復帰させること

S2PのCOVID安全プログラムは、米労働省労働安全衛生局(OSHA)のCOVID規則と世界各国の同様の規則に準拠している。同プログラムは、世界各地で導入されているOSHAやOSHAに類する労働者保護プログラムや火災安全プログラムと同様のものである。

1人でも多くの命を救い、1件でも多くの訴訟を防ぐことができれば、S2Pのソリューションには十分にその価値がある。

John Norris氏とS2Pには力強いビジョンがある

「COVID-19には、ボトムアップ式の取り組みが最適である。だから、企業、学校、政府機関が、現在のパンデミック、そして次のパンデミック、さらにその次のパンデミックによりうまく対処できるようにする、包括的でボトムアップ式の取り組みと支援ツールが必要だ」-世界有数の製薬・バイオテクノロジー業界支持団体である米国研究製薬工業協会(PhRMA)元会長で国際製薬団体連合会(IFPMA)会長のFred Hassan氏

▽Safely2Prosperityについて
S2Pは、米国ボストンを拠点とする大手医療リスク管理イノベーター兼ソリューション・プロバイダーである。CEOのNorris氏は、健康と医療リスク管理の思想的指導者、元米FDA副長官、ハーバード大学教授会員、成功を収めた起業家として世界的に知られている。

(C)2021 Safely2Prosperity LLC and John Norris, JD, MBA。無断複写・複製・転載を禁ず。

▽問い合わせ先
info@safely2prosperity.com
+1-617-680-3127

ソース:Safely2Prosperity

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]