編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

【新技術開発で特許出願】テンダが革新的な技術を用いた『センター共通利用型クラウドRPAソリューション』を開発し、株式会社プロトコーポレーションへ提供開始。

株式会社テンダ

From: DreamNews

2022-01-19 10:00

ソフトウェアソリューションを提供する株式会社テンダ(本社/東京都豊島区、代表取締役社長/中村 繁貴、以下「テンダ」)は、革新的な技術を用いた『センター共通利用型クラウドRPA(Robotic Process Automation)ソリューション』(特許出願中)を開発いたしました。
本ソリューションは、様々な業界、業種への適用が可能で、第1弾として、2022年1月19日より、自動車関連の情報サービスを提供している株式会社プロトコーポレーション(本社/名古屋市中区、代表取締役社長/神谷 健司、以下「プロトコーポレーション社」)の自動車販売ディーラー向け営業支援ツール『DataLine SalesGuide(データラインセールスガイド)』に導入開始したことを発表いたします。

■ 『センター共通利用型クラウドRPAソリューション』について
従来、RPAはローカル環境での個別構築が一般的ですが、テンダの『センター共通利用型クラウドRPAソリューション』では、センター共通利用型モデルを採用しております。
構築する拠点ごとに、開発費用及びライセンス費用が発生する、個別のローカル環境構築に対し、センター共通利用型モデルでは、センター(クラウド環境)で、複数拠点の処理を集中して行うことができるため、RPAの開発、運用コストを大幅に削減します。
また、『センター共通利用型クラウドRPAソリューション』は、特定の業界、業種に限定せず、様々な多店舗業態での業務効率化に寄与いたします。
本ソリューションは特許出願中です。



個別開発方式とセンター共通利用方式の違い

■ プロトコーポレーション社との協業内容
テンダの『センター共通利用型クラウドRPAソリューション』をプロトコーポレーション社の『DataLine SalesGuide』に適用することで、従来、自動車販売時に営業担当者が個別に作成していた資料を、必要最低限の条件入力のみで自動作成することができるようになります。
同ツールは、既に全国の店舗にて導入されており、複数拠点での入力オペレーションを自動化することで、ツールの利用活性化につながり、自動車販売におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)推進、および更なる営業力強化を図ります。

■ 『センター共通利用型クラウドRPAソリューション』の今後の展開
プロトコーポレーション社との協業を通し、『DataLine SalesGuide』の利便性向上により、自動車業界のDX推進に貢献してまいります。
更には、今後も『センター共通利用型クラウドRPAソリューション』を様々な業界、業種へ展開することで、テンダのDXによる、お客さまの業務効率化、競争力強化に寄与するとともに、ストックビジネス型の新規ビジネスモデルとして、規模拡大を図ります。

<「テンダのDX」公式サイト>
(リンク »)

■ 株式会社テンダ概要
【本社所在地】東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60(57F)
【設立】1995年6月
【代表者】代表取締役社長 中村 繁貴
【資本金】2億8千8百万円
【事業内容】ITソリューション事業、ビジネスプロダクト事業、ゲームコンテンツ事業
【URL】 (リンク »)

■ 株式会社プロトコーポレーション概要
【本社所在地】愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル
【創業】1977年10月
【代表者】代表取締役社長 神谷 健司
【事業内容】新車・中古車、パーツ・用品等をはじめとした自動車関連情報ならびに生活関連情報サービスの提供
【URL】 (リンク »)

取材に関するお問い合わせ
株式会社テンダ( (リンク ») )
広報担当
E-mail:pr@tenda.co.jp
※当社はリモートワークを実施しておりますので、お問い合わせは上記メールアドレスまでお願いいたします。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]