編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

PORTO、「Oracle Contextual Intelligence」を使ったコンテクスチュアルレポーティングサービス「Contextual Analytics」の提供開始

~コンテクスチュアルターゲティング配信のPDCAサイクルをさらに加速~

株式会社CARTA HOLDINGS

2022-02-21 10:00

プレスリリース
株式会社PORTO
2022年2月21日
----------------------------------------------------------------------
PORTO、「Oracle Contextual Intelligence」を使ったコンテクスチュアルレポーティングサービス「Contextual Analytics」の提供開始
~コンテクスチュアルターゲティング配信のPDCAサイクルをさらに加速~
(リンク »)
----------------------------------------------------------------------

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、統合マーケティングプラットフォーム「PORTO(ポルト)」( (リンク ») )を運営する株式会社PORTO(東京都渋谷区、代表取締役:吉田 大樹)は、3rd Party Cookie規制に対応するため、「PORTO」のWeb配信におけるコンテクスチュアルレポーティングサービス「Contextual Analytics」の提供を開始しました。Oracle Advertisingの「Oracle Contextual Intelligence」を活用するDSP事業者としては国内初の提供となります。「Contextual Analytics」を活用することで、Cookie配信からコンテキストターゲティングへの転換を意識した施策や、コンテキストターゲティング配信時の迅速なパフォーマンスチェックが可能になります。

昨今、3rd Party Cookie規制の問題が取りざたされ、コンテクスチュアルターゲティングが注目を浴びています。しかし、従来のCookieによるターゲティング配信とは異なり、コンテキストターゲティングを試したいが、広告配信時に最適なコンテキストが分からなかったり、ニッチなコンテキストを選択するとリーチが獲得できないなどの課題がありました。
「Contextual Analytics」は、「どのコンテキストのページに、どのようなパフォーマンスで掲載されたか」をコンテクストセグメント毎にレポーティングしたり、「もしこのセグメントに配信されていたら、どのようなパフォーマンスだったか」を明らかにすることで、最適なコンテキストの発見や、より効果の良いパフォーマンスであるコンテキストのリーチ増加に繋げることが可能です。


■「Contextual Analytics 」概要

・レポート内容
 配信結果に対して、各コンテクスチュアルターゲティングの標準セグメント毎に、CTR/CPC/Imp割合/クリック割合/配信金額割合/Index Score(※)

・対象メニュー
 Premium Display/Outstream Video(Cookieターゲティング配信・文脈ターゲティング配信両方とも可能)

 ※Index Score:Oracle Advertisingでレポートされる。コンテクスチュアルターゲティングセグメントの配信割合を示す総合点数

・レポートイメージ
 ご参照: (リンク »)


「PORTO Premium Display」「PORTO Outstream Video」では、「Oracle Contextual Intelligence」を活用し、記事内容に対してターゲティング配信をするコンテクスチュアルターゲティング配信が可能です。PORTOでは、変革期を迎えているデジタル広告の世界において、引き続きブランディング施策に寄与できるよう、機能拡充や検証に努めてまいります。


■「PORTO」( (リンク ») )について
「PORTO」は、ブランディングを重視するブランド広告主が安心して出稿できる統合マーケティングプラットフォームで、オフラインで出稿されているラジオ広告と同じフォーマットでオーディオ広告のプログラマティック配信ができる「PORTO Premium Audio」や「PORTO Premium DOOH」などを提供しています。現在、オーディオ、インストリーム、DOOH、プレミアムディスプレイなど、オンライン・オフラインをまたいだ多様なフォーマットを、統合計測・管理・配信できる、唯一無二の統合マーケティングプラットフォームです。

【株式会社PORTO】 (リンク »)
代表取締役:吉田 大樹
取締役  :西園 正志、金子 武比古
所在地  :東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F
設立   :2021年1月4日
資本金(準備金含む):1,000万円
事業内容 :ブランド広告主向けアドプラットフォーム事業

-----------------------------------
【PORTOへのお問合せ】
株式会社PORTO 
E-mail:porto_ad@voyagegroup.info

【報道関係者お問い合せ先】 
株式会社CARTA HOLDINGS 広報・IR室
お問い合わせフォーム: (リンク »)
-----------------------------------
※Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社CARTA HOLDINGSの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]