編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

江の島・鎌倉エリアの多様な魅力を外国人向けにお届け!3月10日「江の島・鎌倉ナビ」外国語サイトを開設します

小田急電鉄株式会社

From: PR TIMES

2022-03-09 13:17

~インバウンド需要の回復を見据え、英語・中国語での情報発信体制を整備します~

江ノ島電鉄株式会社(本社:神奈川県藤沢市 社長:楢井 進)と小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2022年3月10日(木)に、インバウンド需要の回復を見据えた受け入れ体制整備の一環として、「神奈川県観光客受入環境整備費補助金」を活用し、江の島・鎌倉エリアの多様な魅力を発信する観光ポータルサイト「江の島・鎌倉ナビ」の外国語サイトを開設します。



[画像1: (リンク ») ]

江の島・鎌倉エリアには、藤沢市と鎌倉市合わせて年間約3,800万人※の観光客が訪れ、寺社仏閣をはじめ訪日外国人にも人気のスポットが多数存在しています。本サイトでは訪日外国人向けに、江の島・鎌倉エリアを一体的な観光地として紹介しており、都心や空港からのアクセスなどの基本情報や、おすすめのスポットを掲載します。特に、絵になる風景として知られる江ノ電沿線の撮影スポットを巡るコースや、歴史・文化にフォーカスしたコースなど、興味関心や目的別に本サイトだけのモデルコースを複数紹介しており、当エリアが有する豊かな自然や、歴史に育まれた文化、街並みなど多様な魅力に触れていただくことができます。さらに、本サイトから訪日外国人が周遊する際に便利な「江の島・鎌倉フリーパス」などの英語版デジタルチケットが購入可能であり、訪日前の情報収集からチケット購入までがシームレスに、ご旅行自体もよりスムーズにお楽しみいただけます。
※「藤沢市 令和元年 観光客数統計」と「鎌倉市 令和元年 延入込観光客数」の合算
[画像2: (リンク ») ]


「江の島・鎌倉ナビ」外国語サイト開設についての詳細は下記のとおりです



1 公開日
2022年3月10日(木)

2 対応言語
・英語
・中国語(繁体字・簡体字)

3 URL
英語    (リンク »)
繁体字   (リンク »)
簡体字   (リンク »)

4 主な内容
・エリア概要や都心・空港からの所要時間などのアクセス情報について、はじめて当エリアにお越しいただく訪日外国人にも視覚的に分かりやすくまとめ、発信します。
・エリアを周遊する際に便利な割引周遊券について、チケット概要、使用方法、割引優待施設等を詳しく説明するとともに、本サイトから「デジタル江の島・鎌倉フリーパス」『江ノ電1日乗車券「のりおりくん」デジタル版』をお買い求めいただけます。
・特定の場所へのお客さま集中を考慮し、エリアの一体的な周遊を促進するため、エリア内のさまざまなスポットを楽しむことができるモデルコースを、興味関心や目的別に複数提案 します。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]