インバウンド旅行者の利便性向上に向けて、2月27日小田急電鉄とKlook Travel Technologyがデジタルチケット販売の分野で業務提携

小田急電鉄株式会社

From: PR TIMES

2024-02-27 14:00

~事前にオンライン購入したデジタルチケットの、来日後引き換えの省略を目指します!~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:星野 晃司)とKlook Travel Technology Limited(本社:香港、共同創業者兼CEO:Ethan Lin)は、2024年2月27日に基本合意書を締結し、体験・交通等のデジタルチケット販売の分野でスマートな顧客体験の実現に向けて、両社のサービス連携を実現するための検討や技術開発等を協力して推進することとしました。



[画像: (リンク ») ]

小田急電鉄は、5カ国語に対応している電子チケットサービス「EMotオンラインチケット」、アプリ「EMot」を運営しており、箱根や江の島・鎌倉などの沿線観光地のほか、浜松や秩父など全8エリア、34種の周遊デジタルチケットを販売しています。Klook Travel Technologyが運営する「Klook」は月間訪問者数6,000万人、世界180カ国以上にユーザーを抱える旅行・レジャー予約プラットフォームであり、観光施設チケットやツアー、公共交通、宿泊の手配サービスを提供しています。

現在、「Klook」では訪日外国人旅行者向けに数多くの国内鉄道会社の企画乗車券等を販売していますが、その多くは、来日後に指定の窓口にて引き換えが必要な「バウチャー」タイプの商品です。また、コロナ禍の収束により引き換え窓口は混雑傾向にあるため、お客さまの貴重な旅行時間をチケット引き換えに費やすことにつながっており、このことを課題として捉えています。

今般の連携により、「スマートな顧客体験」として、訪日外国人旅行者が「Klook」で購入した「企画乗車券等」を、実券に引き換えることなく「EMotオンラインチケット」上のデジタルチケットとして利用可能にすることを目指します。これにより、前述の課題を解消し、日本での旅行時間を、最大限お楽しみいただける環境を整備したいと考えます。また、事業者側の「チケット引き渡し」に関するオペレーションの省力化も実現されるため、将来にわたり安定的な観光サービスの提供にも寄与します。

連携サービスの提供時期や対象チケットの詳細については、決定次第お知らせいたします。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]