編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

マクニカ、丸和運輸機関と店舗発注量の需要予測AIの研究開発を開始

~物流ロジスティクスセンター業務における人・車両配備の最適化を加速~

株式会社マクニカ

2022-04-20 10:00

半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス&ソリューション・プロバイダーの株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)は、株式会社丸和運輸機関(本社:埼玉県吉川市、代表取締役社長 和佐見 勝、以下丸和運輸機関)と共同で、世界25,000人のデータサイエンティストコミュニティを活用してマクニカが提供する課題解決型サービス「CrowdANALYTIX(クラウドアナリティクス)」を利用し、店舗発注量の需要予測AIの研究開発(以下本プロジェクト)を開始することを発表いたします。これにより、サプライチェーンの中核を成す物流ロジスティクスセンター業務における人・車両配備の最適化を目指します。
丸和運輸機関が行うThird(3rd)Party Logistics事業においては、業界として少子高齢化を背景とした労働力不足、車両不足の課題があります。また、ロジスティクスセンター業務における車両配備・要員配置業務は、長年の経験や勘による属人的作業となっており、センターごとに業務品質のばらつきがあります。このような事業リスク低減のため、AIを始めとするテクノロジーとオペレーション改革を組み合わせ、DXを推進し、業務の省力化・効率化・属人性の解消を検討することは急務となっています。

本プロジェクトでは、得意先店舗毎の出荷実績データ、店舗イベント情報、来客数データ、天気・気温データ等を元に、対象店舗毎に最適化された複数の需要予測AIモデルを開発します。その後、店舗規模・配送シフト・商品特性等を考慮した形で、翌週の店舗毎の発注物量予測結果を算出します。フェーズ1では、特定店舗を対象にした発注量予測AIの精度を検証し、その後①トラック配車業務の最適化②要員配置の最適化③配送計画の改善の検討を実施します。

サプライチェーンマネジメントは、調達・生産・物流・販売が一体となって情報の共有・連携を図りながら、全体最適化を図っていく必要があります。そこでマクニカでは、本プロジェクトによる需要予測結果を用いた要員配置・車両の最適化を皮切りに、丸和運輸機関の得意先への新たな価値創造やSCM全体の最適化を支援していきます。また、傭車(配送業務委託)の適正化によるCO2の削減や在庫管理の適正化によるフードロス削減など、SDGsの推進の支援も行っていく予定です。

■丸和運輸機関×マクニカ 対談記事を同時リリース
本プロジェクトにともない、丸和運輸機関とマクニカは座談会を実施いたしました。丸和運輸機関がDX推進を開始した背景や具体的な取り組み、マクニカとの共同研究開発に至った経緯、マクニカのサポート内容や今後の展望などを対談形式でまとめています。ぜひご覧ください。
《丸和運輸機関×マクニカ対談 詳細はこちら》
(リンク »)


※本文中に記載の社名及び製品名は、株式会社マクニカおよび各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご承知ください。

【株式会社丸和運輸機関について】
丸和運輸機関は、3つのドメインとして「EC・常温物流」「食品物流」「医薬・医療物流」を事業領域として展開しており、特に食品物流においては、食品スーパーマーケット(SM)に向けた付加価値向上と商流利益創出に向けた様々な施策を実施しています。現在、埼玉県松伏町に低温食品物流事業の中心拠点となる、最新鋭の食品物流センターを建設中であり、当センターではDXをフルに活用し、AIやドローン配送、自動輸送・運転など最先端の物流技術を取り入れていく予定です。

【株式会社マクニカについて】
マクニカは、1972 年の設立以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。「Co.Tomorrowing」をスローガンに、最先端のテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスをつなぎ、ユニークなサービス&ソリューションを提供する存在として、社会的価値を生み出し未来社会の発展へ貢献していきます。当社は、横浜に本社を構え、世界23ヶ国85拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。詳細はWebサイト (リンク ») をご覧ください。

【CrowdANALYTIX社について】
CrowdANALYTIXは、マクニカの関係会社として、フルカスタマイズのAIサービスを開発・提供しています。お客様ごとのビジネス課題に基づいた開発を行い、クラウドサービスとして実装し、モデルの運用・メンテナンスまでを一気通貫で提供しています。AIサービスの提供はAPIや自社システムへの組み込みなど、お客様の環境に合わせた形式で提供しており、既存のシステム、プロセスにシームレスに統合することができます。
また世界50か国・25,000人以上が参加するCAX社独自のデータサイエンティストのコミュニティを抱え、このコミュニティが持つ様々な専門性、最新手法等も取り入れることで、高精度AIモデルの高速な開発を可能にしています。
開発拠点をインド、営業拠点を米国に設けておりますが、日本国内ではマクニカがお客様のデジタル変革を実現する伴走型パートナーとして、様々な業種のお客様向けのプロジェクトを推進しています。
詳細はWebサイト (リンク ») をご覧ください。


<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社マクニカ   (リンク »)
コーポレートマーケティング統括部 広報室 宮原、磯崎 e-Mail:macpr@macnica.co.jp
〒222-8561 横浜市港北区新横浜1-6-3 マクニカ第1ビル

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]