編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

オートデスクが建設業界向け統合プラットフォーム Autodesk Construction Cloud を日本で提供開始

オートデスク株式会社

From: Digital PR Platform

2022-05-10 13:04




(リンク »)




米国 Autodesk 社(本社:米国カリフォルニア州/代表取締役社長兼 CEO:アンドリュー・アナグノスト、以下、Autodesk)は、建設業界向け統合プラットフォーム Autodesk Construction Cloud の日本における提供を 2022 年 4 月より開始しました。

Autodesk Construction Cloud は、施工のあらゆる段階でワークフロー、チーム、データを連携させ、リスクの軽減、効率の最大化、利益の向上を実現する建設業向けプロジェクト管理のクラウドプラットフォームです。これまで、日本を除くアジア太平洋地域と世界における 200 万件以上のプロジェクトで使用され、信頼と実績を培ってきました。

日本でも、Autodesk(R) BIM Collaborate や Autodesk(R) Assembleなど建設業向けのソフトウェアはこれまでも単体で利用されてきましたが、今回日本では新たに Autodesk(R) Build と Autodesk(R) Takeoff の利用が可能となり、Autodesk Construction Cloud として総合的にサービスが提供されます。
施工管理ソフトウェア Autodesk(R) Build は、シームレスな連携を実現し、建設プロジェクトを予定どおり、予算内での遂行を実現します。建設数量拾いソフトウェア Autodesk(R) Takeoff は、積算方法を個別にカスタマイズし、数量、プロパティ定義、モデルマッピング、分類などの情報を連携先にエクスポートできます。

今回の日本における Autodesk Construction Cloud のサービス提供について、Autodesk 社の ACS アジア太平洋地域ディレクターであるトミー・プラヴィーンは次のように述べています。
「日本の建設業界には、更なる高度なテクノロジーの活用により、ビジネス成果を向上させられる大きなチャンスがあります。デジタル化が急速に進む建設業界で、企業が競争力のあるコラボレーションを築き、インサイトを得るには、プロジェクト関係者とデータを結びつけることが重要です。この度、日本においても総合的な建設管理プラットフォームへの利用が可能になり、設計から施工に至るまで、あらゆるデータを一元管理できるようになります」

統合プラットフォームとデータ共有環境の上に構築された Autodesk Construction Cloud は、元請事業者、工事業者、設計者、所有者など、関わるすべてのビジネスを強化し、成果の向上を支援します。
建設チームは、一元管理されたデータの活用により、コラボレーションの単純化、プロジェクト変更範囲の予測、改善への指針をデータ主導で提供できるようになります。

大和ハウス工業株式会社の上席執行役員 建設 DX 推進担当、南川陽信氏は次のように述べています。
「連携と協調を維持し、プロジェクト成果の向上を目指すには、一元管理されたデータをチーム全体で活用することが重要です。私たちは BIM 360 を CDE として活用して参りましたが、今回 Autodesk(R) Build の日本発売前の先行評価に参加した結果、Autodesk(R) Build が BIM 360 と PlanGrid の長所をすべて取り込んだ、シンプルで強力なソリューションであることを改めて認識しました。Autodesk(R) Build を利用することで、設計だけでなく施工現場も含めたプロジェクト全体におけるコミュニケーションやコスト管理をより円滑に進められることに加え、プロセスに連動した文書化と管理ができるため、仕事のスピードと質が確実に向上します。」

2022 年 4 月より、日本で提供が開始される製品は以下の通りです。


Autodesk(R) Build – 建設業者向けの幅広く、奥深い、業務に関連したツールのセットを提供する包括的な現場管理およびプロジェクト管理ソフトウェアです。
Autodesk(R) Takeoff – 単一のオンライン ソリューションで、より正確な 2D 数量拾いを行い、3D モデルから自動で数量を生成できます。


また、以下の製品は、すでに日本で提供されています。


Autodesk(R) BIM Collaborate – 意思決定者と建設チームを結び付け、設計のレビューを管理して専門業者とのモデル調整を自動化できます。オフィスから現場まで設計の品質と施工性を改善します。
Autodesk(R) Assemble – BIM データを照会したり、BIM データを設計レビュー、数量拾い、見積もり、変更管理、バリュー エンジニアリングなどの作業に連携させることで、リスクを低減し、業務を効率化することができます。


すべての製品は Autodesk Construction Cloud 統合プラットフォームの一部であり、以下の製品によってパフォーマンスが強化されています。


Autodesk(R) Docs – すべてのプロジェクトチームのプロジェクトライフサイクル全体にわたって信頼できる一元的な情報ソースとして機能する一元管理されたドキュメント管理ソリューションです。
Insight – 収集、分析されたデータからのアナリティクスと、そのデータのエクスポートが可能です。リスクを特定、緩和するための人工知能 Construction IQ が搭載されています。
Administration – 単一の管理モジュールを使用して、一度ログインすればプロジェクトを開始できるように企業がユーザ権限をコントロールできます。


オートデスクについて
Autodesk はデザインやものづくりの手法を様々な分野で変革しています。環境にやさしい建物やクリーンな自動車、スマートな工場、大作映画まで、ありとあらゆるものづくりにオートデスクのソリューションが使われています。製造から建築土木、メディア & エンターテインメントまでの幅広い分野において、オートデスクは、あらゆるものづくりの変革を実現するプラットフォームカンパニーとして、新たな可能性を実現し、より良い未来を築き上げる世界中のイノベーターを支援します。
詳細については、 (リンク ») をご覧になるか、オートデスクのソーシャルメディアをフォローしてください。

Autodesk、Autodesk ロゴ、Autodesk Construction Cloud は、米国および / またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。

(C) 2022 Autodesk, Inc. All rights reserved.
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]