ラック、既存のゲートウェイ製品の保護能力を強化する「FortiGateマネージドセキュリティサービス」を提供開始 ~サイバー攻撃の標的となりやすい地方拠点のセキュリティ管理をまとめ、運用コストを低減~

株式会社ラック

From: DreamNews

2022-08-25 16:00

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下「ラック」)は、2022年8月25日より、Fortinet社の次世代ファイアウォール製品「FortiGate」の運用管理を行う「FortiGateマネージドセキュリティサービス」の提供を開始します。

FortiGateは大手企業から中堅中小にわたる様々な規模の社内ネットワークを保護する次世代ファイアウォール製品として、数多くの企業に導入・利用されてきました。しかし、テレワークによる社外から社内ネットワークへのアクセス増加や、国内の組織を狙うセキュリティ脅威が複雑化、巧妙化したことによって、企業の様々な拠点がセキュリティ侵害の入り口となる事例も多発しており、基幹ネットワークと同等のセキュリティ対策を施す必要が出てきています。

ラックは、このような企業の課題を解決する有効な対策のひとつとして、国内に広く普及しているFortiGate製品に対する新たなマネージドセキュリティサービスを開発しました。このサービスによって、従来のセキュリティ対策のシステム資産を活かしつつ、企業や組織の規模に応じた柔軟なセキュリティ機能の強化を図り、かつ運用コストを低減することが可能となります。

FortiGateマネージドセキュリティサービスの特徴
既存のシステムにJSOCで培った高度なセキュリティ監視を提供
FortiGateに標準搭載の侵入防止機能に加え、独自シグネチャ「JSIG(R)」の追加によって分析精度を向上させます。またJSOCで培われたセキュリティアナリストの高度な分析により、インシデント発生時の影響範囲や必要な対応策など、インシデント対応における初動を支援します。



脅威情報提供サービスJLIST連動に対応
「JLIST(R)」はラックのセキュリティ専門家が主に日本国内で確認した脅威情報をもとに作成するブロック・検知リスト提供サービスです。既に導入されたFortiGate製品に搭載されたフィルタリング機能とJLISTを連動させることで、既存の環境を変更することなく防御力の強化ができ、拠点規模に関わらず高品質なセキュリティサービスを幅広く提供することができます。



監視する機器の台数やデータ容量に応じたコストパフォーマンスの高いプラン
各拠点のネットワーク機器やセキュリティ監視を個別に行うのは、人材面でも費用面でも大きな負担となります。本サービスでは、監視対象とするFortiGate機器の台数、拠点数、トラフィックのデータ容量などによって柔軟に対応できる、コストパフォーマンスの高いサービスメニューを用意し、従来のマネージドセキュリティサービスより10%~20%のコスト削減を実現しています。

ラックは、クラウド化やゼロトラストなどの最新のセキュリティ対策が注目されるなかにあっても、実際に企業や組織が直面するサイバーセキュリティの課題に対して現実的な解決策を提供します。「テクノロジーは人を幸せにするもの。人に牙をむけてはいけない」という思いで、これまで培ったセキュリティのノウハウや知見を生かした、たしかなテクノロジーで「信じられる社会」の実現を目指していきます。

今回の発表に際し、フォーティネットジャパン合同会社様よりエンドースメントをいただいておりますので、ご紹介をいたします。

「この度、ラック様が発表された『FortiGate マネージドセキュリティサービス』の提供開始を心より歓迎申し上げます。FortiGateは、SD-WAN、ゼロトラストの機能なども統合した国内シェアNo.1のネットワークセキュリティアプライアンスで、企業規模、業種を問わず広く採用されています。このFortiGateを使用したラック様のサービスを利用することにより、お客様はセキュリティ専門家によるセキリティ監視、およびインシデント対応サービスを従来よりも低コストで受けることが可能となります。フォーティネットは、ラック様と共に、日々発生する新たなサイバー攻撃の脅威に対する強固な防御サービスを提供することで、常に信頼できるデジタルワールドの実現を目指して参ります。」

フォーティネットジャパン合同会社
社長執行役員 田井 祥雅


■フォーティネットについて( (リンク ») )
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大するアタックサーフェス(攻撃対象領域)に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、外部との明確な境界が消滅したネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界580,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。フォーティネットのネットワークセキュリティエキスパート(NSE)インスティチュートは、テクノロジーカンパニーとしても、ラーニングカンパニーとしても、業界で最大規模かつ広範なサイバーセキュリティのトレーニングプログラムを提供しています。詳しくは、 (リンク ») 、フォーティネットブログ、またはFortiGuard Labsをご覧ください。

■株式会社ラックについて ( (リンク ») )
ラックは、システムインテグレーションとサイバーセキュリティの豊富な経験と最新技術で、社会や事業の様々な課題を解決するサービスを提供しています。創業当初から金融系や製造業など日本の社会を支える基盤システムの開発に携わり、近年ではAIやクラウド、テレワークなどDX時代に適した最新のITサービスも手掛けています。また、日本初の情報セキュリティサービス開始から25有余年にわたり、国内最大級のセキュリティ監視センターJSOC、サイバー救急センター、脆弱性診断、ペネトレーションテストやIoTセキュリティなど常に最新のサイバー攻撃対策や事故対応の最前線に立ち、情報セキュリティ分野のリーディング企業としても成長を続けています。

* ラック、LACは、株式会社ラックの国内及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]