凸版印刷、Webサイト上で3Dバーチャル体験ができる「MiraVerse(R) Core」を提供開始

凸版印刷株式会社

From: PR TIMES

2022-10-27 21:40

Webサイト上で、空間や商品を3DCGで忠実に再現し、自由な視点・自由な組み合わせのバーチャル体験を実現

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、近年のバーチャル空間上でのコミュニケーション需要の高まりを受け、2022年4月より、臨場感のあるビジネス向けメタバースサービス基盤「MiraVerse(R)(ミラバース)」を提供しています。
 このたび、「MiraVerse(R)」の新機能として、Webサイト上で、企業の商品や空間を3Dデータで再現し、自由な視点・自由な組み合わせでのバーチャル体験ができる「MiraVerse(R) Core(ミラバースコア)」の提供を2022年10月から開始します。



 本サービスは、Webサイトで高速かつ高精細なバーチャル体験を提供することで、利用者に対して手軽に正しい情報を伝達し、購買意思決定を強力にサポートすることが可能です。また、専用の管理サイトで商品の3Dデータを一元管理できるため、商品変更時の更新コスト削減やリードタイム短縮を図ることができます。
[画像1: (リンク ») ]

 なお本格提供に先がけて、本サービスは株式会社LIXIL(本社:東京都江東区、取締役 代表執行役社長:瀬戸 欣哉)の玄関ドア・窓の3Dシミュレーション「TOSTEM Digital Simulation」で採用され、スマホやPCで、リアルに近い感覚で商品選定ができる体験の提供に貢献します。

[画像2: (リンク ») ]


■ 開発の背景
 近年、時間や空間の制約を超えた新たなコミュニケーションフィールドとして、インターネット上の仮想空間「メタバース」が注目を集めています。しかし、商品を正確に再現した臨場感の高いバーチャル空間を体験するためには、スペックの高いPCが必要という課題がありました。
 これを受けて凸版印刷は、Webサイト上で3Dバーチャル体験ができる「MiraVerse(R) Core」を提供します。これにより、利用企業はWebサイトを通じて、幅広い利用者に自由な視点・自由な組み合わせのバーチャル体験を提供することができます。

■ 「MiraVerse(R) Core」の特徴
・Webサイトでの臨場感高いバーチャル体験
 「MiraVerse(R) Core」は、製品の設計図や3D計測・色彩計測などの正確な3Dデータを用いて、Webサイト上で臨場感あふれる空間を再現します。凸版印刷の色再現技術、3DCG技術をWebサイト向けに最適化し、高品質なCG再現と敏速な動作を両立しています。

・Webサイト表示で様々なデバイスに対応
 専用デバイスや専用アプリケーションが不要で、幅広い利用者に体験を提供することが可能です。スマートフォンやタブレットにも対応しており、商品の販売機会を最大化することができます。

・クラウドでの3Dデータ管理による効率的な運用
 専用の管理サイトで3Dデータを一元管理することができます。商品変更時には管理サイト上のデータを更新するだけで、Webサイトを修正する必要がないため、更新コスト削減やリードタイム短縮を図ることができます。
[画像3: (リンク ») ]

・簡単なWebサイト埋め込み
 専用のJavaScriptプログラムを利用できるため、簡単にWebサイトに組み込むことが可能です。また、3DデータへのアクセスもAPI(※1)として提供されるため、外部のシステムと連携したサービスの構築も行うことができます。

■ 価格
・サービス導入初期費  60万円~
・月額サービス利用料  60万円~
※ 登録するデータ量や月間アクセス数によって価格は変動します。
※ 3Dデータ制作やWebサイト構築は別途費用がかかります。

■ 今後の目標
 凸版印刷は「MiraVerse(R) Core」を、様々な企業や団体に提供を進め、2025年度では関連受注を含め20億円の売上を目指します。
 凸版印刷は今後も、現実とバーチャルのシームレスな連携による新しいコミュニケーションの場の提供を通じ、誰もが参加しやすく安全/安心で持続可能な社会の実現を目指します。

※1 API
アプリケーション・プログラミング・インターフェイス。
アプリケーションやソフトウェアの機能を、第三者が開発したプログラムから使用することができるようにしたインターフェースのこと。

* JavaScriptは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における商標もしくは登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以  上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]