今後もオンライン展示会に出展したいが過半数、満足度が高いのは「ウェビナー登壇つき」プラン

アイティメディア株式会社

From: PR TIMES

2022-12-07 11:16

アイティメディア デジマ調査ラボ発表

アイティメディア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大槻利樹)デジマ調査ラボは、オンライン展示会出展に関する調査結果を公開しました。コロナ禍を機にオンライン展示会が一般化してきていますが、出展する側の企業では、どのような展示会を選択するのが最適なのか迷う方も多いのではないでしょうか。そこで、デジマ調査ラボではWeb上でアンケートを行い、オンライン展示会の選定方法や効果、課題などついてアンケートを実施しました。



[画像1: (リンク ») ]



■ポイント


今後もオンライン展示会に出展したいが業種を問わず過半数
オンライン展示会出展経験者の中で、満足度が高いのは「ウェビナー登壇つき」
出展に際しての目標は「リード(名刺情報)数」という回答が約9割


全調査結果ダウンロード(無料)≫ (リンク »)


■まとめ・見解
 近年、行動制限の解除の流れから、BtoB商材向けのフィジカル展示会の開催が増えてきておりますが、今後の出展意向を調査したところ、「両方」(48%)が最も多く、「オンライン」(8%)を合わせると、過半数がオンライン展示会への出展意向があることが分かりました。なかでも出展社側の満足度が高いのは、「ウェビナー登壇つきの形式」(44%)「動画を掲載して視聴してもらう形式」(41%)でした。
また、出展時の目標としては「リード(名刺情報)数」(88%)が約9割を占め、オンライン展示会は多くのリードを一度に集められる場として期待されていることがわかりました。特に、情報・通信・IT関連業では、より強くこの傾向が見て取れました。(94%)

業種別集計つき全調査結果ダウンロード(無料) 
≫ (リンク »)
無料でダウンロードいただけるレポートには以下のような情報もまとめております。
オンライン展示会への出展経験/検討のきっかけ/開催情報の探し方/出展を決めるまでの検討期間/決め手/出展料/目標/最も閲覧されたコンテンツ/満足度の高かった展示会の形式/今後の出展意向/年間の出展計画または回数

■出展したい展示会
 今後も出展したい(出展を検討したい)のはオンラインとフィジカルどちらの展示会かを尋ねたところ、「両方」(48%)が最も多く、「オンライン」(8%)とあわせると過半数が引き続きオンライン展示会を検討するとの回答でした。業種別にみても大きな違いはなく、コロナ禍で急増したオンライン展示会からフィジカルへの回帰傾向はあるものの、依然としてオンライン展示会のニーズは高いことが分かりました。
[画像2: (リンク ») ]

■出展社満足度の高いオンライン展示会
 オンライン展示会に出展経験者に満足度が高かった形式を聞いたところ、「ウェビナー登壇つきの形式」(44%)「動画を掲載して視聴してもらう形式」(41%)が4割以上となり、その他の形式と大きな差がつく結果となりました。内容が複雑になりがちなBtoBの商材に関しては、ウェビナーや動画などのリッチなコンテンツを利用して参加者の理解を得ると成果が出やすいようです。
[画像3: (リンク ») ]

■出展時の目標
 オンライン展示会に出展する(出展を検討する)際の目標を聞いてみたところ、「リード(名刺情報)数」(88%)という回答が9割近くに上り、2位の「商談数」(56%)を32ポイント上回っています。オンライン展示会は多くのリードを一度に集められる場として期待されていることが分かりました。
業種別にみると、情報・通信・IT関連業では「リード(名刺情報)数」が94%と非常に高く、次いで「商談数」の57%でした。一方、製造業では「リード(名刺情報)数」が75%と比較的少なく、次いで「商談数」(43%)「資料配布数/コンテンツ接触数」(43%)「取引のない企業との接触数」(41%)と回答が分かれる結果となりました。
[画像4: (リンク ») ]



[画像5: (リンク ») ]

 アイティメディアでは、本調査のように、専門メディアを活用して、商材のニーズや商品開発のための調査(リサーチ)をすることができます。また、満足度が高いと評価されているウェビナー登壇つきのオンライン展示会/協賛ウェビナーを、各種専門テーマに沿って開催しております。

本レポートの詳細をご覧になりたい場合、
下記URLより無料でダウンロードいただけます。
≫ (リンク »)

デジマ調査ラボは、アイティメディアの運営する「オンラインプロモーション by ITmedia」内に開設されました。当社のお客さまや各専門メディアの読者等を対象としたアンケート調査を通じて、デジタルマーケティングの取り組み状況を把握するとともに、BtoBマーケターのお悩み解決の糸口となる情報を発信いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オンラインマーケティングのための情報サイト 
オンラインプロモーション by ITmedia
(リンク »)
2022年9月オープン デジマ調査ラボ
(リンク »)

<お問い合わせ>
アイティメディア株式会社 営業本部 市場開発統括部
sales_sijou@ml.itmedia.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


[表1: (リンク ») ]



[表2: (リンク ») ]



■ アイティメディア株式会社について (リンク »)
テクノロジー関連分野を中心とした情報やサービスを提供する、インターネット専業のメディア企業。月間約4,000万ユニークブラウザで利用されています。IT総合情報ポータル「ITmedia( (リンク ») )」、企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット( (リンク ») )」、ITエキスパートのための問題解決メディア「@IT(アットマーク・アイティ、 (リンク ») )」をはじめ、ターゲット別に数多くのウェブサイトを運営。ITとその隣接領域を中心に、各分野の専門的なコンテンツをいち早く提供します。
[東証プライム市場、証券コード:2148]

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]