VDIやDaaSのデメリットを解消。高い性能と自由度を実現した「リモートPCサービス」の提供を開始

株式会社リンク

From: PR TIMES

2023-05-11 13:00

~中小企業でもセキュアなリモートワーク環境を手軽に実現~

株式会社リンク(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田元治)と株式会社エーティーワークス (本社:富山県富山市、代表取締役社長:高瀬由照)が共同で展開している国内最大級のホスティン グサービス「at+link(エーティーリンク)」は、高パフォーマンスで安定したデスクトップ環境をリモートで利用できる新サービス「at+link リモートPCサービス」を、2023年5月11日(木)より提供開始します。



at+link リモートPCサービスは、1台・1ヶ月から利用できるデスクトップサービスです。これまでVDI(Virtual Desktop Infrastructure)などの仮想デスクトップ環境の導入が難しかった中小企業でも、オンプレミスのデスクトップPCの使い勝手を損なうことなく、手軽にセキュアなリモートワーク環境を実現できます。

遠隔からセキュアに利用できるデスクトップ環境を整える手段としては、VDIやDaaS(Desktop as a Service)といった選択肢があります。しかし、VDIは初期構築や運用にかかるコストや負荷が非常に高いため小規模での利用が難しく、DaaSは自社ローカル環境との連携がしにくいといった課題がありました。また、いずれも仮想化技術を用いるため、導入できるアプリケーションに制約がある、個々の仮想デスクトップのパフォーマンスが安定しない、動作が遅いといった課題があり、利用者の不満となっています。

そこでat+linkリモートPCサービスは、リモートでアクセスするデスクトップ環境を物理PCで用意することで、VDIやDaaSが抱える課題を解消し、安定した性能と高い自由度を実現しました。リモートPCサービスはSSL-VPNを通じてアクセスするため、インターネットに接続できれば、自宅でも外出先でも安全に利用可能です。社内業務システムやファイルサーバとの連携も容易なため、既存の社内システムは変えることなく、リーズナブルなコストでデスクトップPCをリプレイスできます。
[画像1: (リンク ») ]


at+link リモートPCサービスを利用することで、以下のようなメリットを得られます。

1. PC調達のコストと手間を削減
データの処理や保存はすべてリモートPC側で行われるため、高スペックなクライアントデバイスを購入する必要がなくなります。デスクトップPCの調達とキッティングは不要となり、情報システム部の業務負担を軽減できます。

2. オフィスの省スペース化・省電力化
デスクトップPCをオフィスに置く必要がなくなるため、オフィスの省スペース化・フリーアドレス化の推進にも効果的です。またデスクトップPCを削減することで、省電力にもつながります。

3. セキュリティの強化
万が一クライアントデバイスが盗難/侵害された場合にも、デバイスにはアプリケーションやデータが保存されていないため情報漏洩のリスクを軽減できます。また、通常では個人のデバイスはウイルス感染などのリスクが高いため社内ネットワークへの接続は避けるべきですが、リモートPCであれば個人の領域と企業の領域を分離することができるため、BYOD(※)も簡単に実現可能です。
※ BYOD(Bring Your Own Device):個人が私物として所有しているPCやスマートフォンなどのデバイスを業務に使用する利用形態

■料金
[画像2: (リンク ») ]

※ Windows OSはサービス利用料には含まれず、別途ライセンスの購入が必要となります。

■ at+linkリモートPCサービスのWebサイト
  (リンク »)

今後は、リモートPCサービスと同じデータセンター内にファイルサーバやActive Directoryサーバを構築するサービスや、BYODのセキュリティを高めるためのソリューションなど、ユーザの要望に応じてカスタマイズできるオプションサービスを拡充してまいります。

at+linkについて
東京の広告制作会社である株式会社リンクと、富山の PC/AT 互換機メーカーである株式会社エーティーワークスにより、1996年11月にサービスを開始しました。ユーザは大企業・官公庁から中小企業・SOHOなど、およそ2,500社。利用形態も、企業のメールサーバ・ウェブサーバからオンラインショップやモバイルビジネスまで多岐におよびます。自在性・拡張性に富んだサービス構成と、親切・丁寧な完全無償フルサポートを提供しており、多くのユーザから支持を得ています。
サービスの詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

株式会社リンクについて
株式会社リンクは、業界最大級の稼動台数を持つ専用ホスティング「at+link」、クラウド型ホスティング「リンク・ベアメタルクラウド」を軸として、6年連続シェア第1位のクラウド型コールセンターシステム「BIZTEL」、セキュリティプラットフォームサービス「PCI DSS Ready Cloud」など、さまざまなサブスクリプション型サービスを提供しています。農系事業にも取り組んでおり、2011年10 月からは岩手県岩泉町にある自然放牧酪農場「なかほら牧場」を運営しています。事業の詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

株式会社エーティーワークスについて
株式会社エーティーワークスは、at+link のマシンの製造と技術サポートを担当しています。1994 年の創業当時からPC/AT互換機にPC-UNIX(Linux・FreeBSDなど)をプリインストールしたサーバ機 器の販売、ラックマウントサーバの開発・製造・販売を行っています。
事業内容の詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

★リンクが運営するメディアサイト
「最適なサービスで一歩先行く組織へ」ビジネスに伴走する課題解決メディア『 LINK Watch! 』
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]