Claris が 最新リリース Claris FileMaker 2023 の提供を開始。

Claris International Inc.

From: PR TIMES

2023-05-23 11:46

イノベーションを推進し、競争力を高めるカスタム App が作成できるローコード開発プラットフォーム FileMaker の最新リリースは、これまでで最も安全で信頼性が高く、拡張性が大幅に向上。

2023 年 5 月 23 日、カリフォルニア州クパチーノ - Apple company の一員である Claris International Inc. は本日、高速アプリケーション開発ソフトウェア Claris FileMaker の最新リリースである「Claris FileMaker 2023 」の日本国内での提供を開始しました。また、ワークフロー自動化プラットフォーム「Claris Connect」を期間の制限なく無料で利用できる無料利用枠の提供を開始します。Claris は業務の効率化、自動化を推進し、みなさまの課題解決を支援できるよう、今後も継続的に FileMaker を進化させていきます。



[画像: (リンク ») ]


Claris の CEO ブラッド フライターグ は次のように述べています。
「FileMaker のカスタム App は、より大規模なチームでの利用が増え、エンドユーザの数も増加しています。この成長をサポートし、FileMaker 開発者のみなさんが求めているツールを提供するため、我々は FileMaker 史上最も拡張性の高いバージョンをリリースします。また、他社のソフトウェアと FileMaker および Claris Connect を統合する機能を改良し、カスタマイズとデジタルイノベーションの可能性をさらに大きくしました」

拡張性を大幅に強化し、統合を容易に
最近の FileMaker のリリースでは、FileMaker のオープンプラットフォームのパワーが強化されてきました。FileMaker 2023 は拡張性をその軸に据えた FileMaker の最新バージョンとして進化しています。今回のリリースでは、拡張性に加え、パフォーマンス、安定性、信頼性に向上にフォーカスしており、FileMaker でカスタム App を開発される方に、組織のニーズに合わせたソリューションを自信を持って展開いただけます。

Claris のプロダクトマネジメントディレクターのリック カールマンは次のように述べています。
「FileMakerは 40 年近くにわたり、お客様に信頼されてきました。多くのお客様にとって、テクノロジーによって競争優位に立ち、ビジネスを成功させられるかどうかは FileMaker プラットフォームにかかっています。私たちのお客様は、このプラットフォームが将来にわたってお客様とともに発展していくことを信じてくださっています」

Apple company の一員として、お客様のデータを保護することはすべての Claris 製品で最優先事項です。
FileMaker 2023 では顧客データを保護する機能や、FileMaker カスタム App の使用状況を追跡する機能を強化しています。FileMaker 2023 にアップグレードすることで、開発者本人のデータも、顧客のデータも、最新のセキュリティプロトコルで厳密に保護されていることが保証されます。新しいスクリプトトリガを使えば、すべてのデータベースインタラクションの監査ログを作成して、レコードが生成、更新、または削除されるたびに追跡し、不正なアクティビティやセキュリティ侵害の検出に役立てることができます。

これまで以上に、FileMaker で作られたカスタム App とビジネスの技術スタック全体との統合は必要不可欠になっています。FileMaker 2023 では、Claris Connect のワークフローを直接トリガする新しいスクリプトステップが登場し、以前よりも簡単に統合できるようになりました。さらに、Claris Connect が無料で利用できるようになりました。FileMaker 2023 を補完する理想的なコンポーネントとして、すべての方がこのワークフロー自動化ソフトウェアを手軽に利用できるようになります。

完全なサポートで安心を
FileMaker 2023 はこれまでの FileMaker で最も安全でパフォーマンスの高いリリースです。古いバージョンの FileMaker をご利用のお客様は、Claris カスタマサポートチームのサポートを受け、既存の FileMaker カスタム App を適切に移行することができます。さらに、世界中に 35,000 人以上の開発者を擁する Claris コミュニティで、疑問を解消することができます。

先行利用した開発者の声
発売前に FileMaker 2023 を試用した海外の Claris パートナー 数社が、次のようなレビューを寄せています。

「新機能の OnWindowTransaction スクリプトトリガのレビューを始めていますが、これは素晴らしいです。FileMaker 2023 の主な活用例の 1 つは、監査機能です。変更されたレコードと関連レコードのリストのみを返す JSON ペイロードを取得できるようになりました。また、特別な OnWindowTransaction フィールドの設定に応じて、変更されたフィールドのリストを自分に送信できます」- Scodigo, Inc. 社長 Micah Woods 氏

「長年、市場にあった課題の多くが解決されるのが非常に楽しみです。FileMaker 2023 で改良された部分を見れば、Claris が FileMaker の継続的な成功のために投資していることがはっきりとわかります」- Iozax Designs 社 社長 Josh Ormond 氏。

「FileMaker 2023 を使えば、ARM ベースの Linux サーバを最大限に活用して intel から乗り換えることができます。Apple シリコンの仮想マシンの MacBook でテストサーバを運用していようが、ARM コアを備えた安価な Amazon EC2 インスタンスの恩恵を受けていようが、関係ありません」Monkeybread Software 社 CEO Christian Schmitz 氏

「スクリプトが完了するのを待たずにサーバ上のスクリプトを実行する方法が登場しました。また、コールバックを使って、処理が完了してから Claris FileMaker Server にスクリプトを実行させるという新しい手段も登場しました。それはバーチャルアシスタントに電話し、5 分の待ち時間と引き換えに情報を得る代わりに、彼らが答えの準備をしてからあなたに電話をかけ直してくれるというようなものです」- Beezwax Datatools、Inc. チーフイノベーションオフィサ Vince Menanno 氏

Claris FileMaker 2023 および Claris Connect 無料利用枠の詳細については、Claris 公式 Web サイトをご覧ください。
Claris FileMaker 2023 について:
(リンク »)
Claris FileMaker 2023 無料評価版:
(リンク »)
Claris Connect について:
(リンク »)

Claris International Inc. について
Claris International Inc. は短期間のローコード開発が可能な世界トップクラスのプラットフォームを開発し、 規模を問わずあらゆる企業でデジタルトランスフォーメーションを実現できるように、問題解決者を支援する一連のサービスを提供しています。中小企業とフォーチュン 500 企業で 130 万人以上のユーザに利用されています。Apple company の一員である Claris は 20 年以上にわたってビジネスを成功させてきた比類のない実績を持ち、イギリス、中国、オーストラリアなど世界各地で事業を展開しています。

お問合せ:
Claris カスタマサポート
Tel.: 03-4345-3366 / 050-3628-8844
受付時間 10:00~17:30 (祝日を除く月曜日から金曜日)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]