エリクソン、Frost Radar(TM)のグローバル5Gネットワークインフラ市場2023レポートでトップ評価を維持

エリクソン・ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2023-06-05 17:16

エリクソンは、Frost Radar(TM)の5G(TM)ネットワークインフラ市場2023レポートにおいて、3年連続でリーダーに選ばれました。これにより、顧客の利益のためにテクノロジーリーダーシップに投資するエリクソンの取り組みが引き続き成果を上げていることが明らかになりました。



[画像1: (リンク ») ]

エリクソンは、トップ評価を維持のみならず、顧客のニーズに応えるエネルギー効率の高い5G RANソリューションを開発したことでも重要な評価を獲得しました。

ビジネスコンサルティング会社のフロスト&サリバンの年次レポートによると、過去数年間に渡りFrost Radar(TM)レポートでトップ評価を維持してきたことは、エリクソンがこの分野でのイノベーションと成長を拡大する一貫した能力を有する事を示しています。また、無線アクセスネットワーク(RAN)、伝送ネットワーク、コアネットワークにまたがる5Gネットワークインフラ市場におけるエリクソンのリーダーシップについても再確認しています。

エリクソンの上席副社長兼ネットワーク事業部門総責任者のフレドリック・イェドリング(Fredrik Jejdling)は、次のように述べています。
「エリクソンの5Gソリューションのエネルギー効率を高めるための継続的な取り組みが、Frost Radar(TM)で認められたことを誇りに思います。エリクソンはイノベーション、開放性、そして顧客のビジネスの成長を中心としたテクノロジーリーダーシップへの投資を今後も継続していきます」

[画像2: (リンク ») ]

フロストレーダーグラフ:5Gネットワークインフラストラクチャレポート2023

エリクソンの最高の業績について、フロスト&サリバンの情報通信技術グループの責任者でありレポートの著者でもあるトロイ・モーリー(Troy Morley)氏は、次のように述べています。
「エリクソンは、2G、3G、4G、そして5Gでイノベーションをグローバルに拡大する能力を示しました。エリクソンは研究開発に多額の投資を行っており、これはテクノロジーが常に進化している市場で不可欠なものです」

エリクソンは現在、63カ国で145の商用5Gネットワークを提供しており、これはフロスト&サリバンが報告する中で最高レベルのものです。
「エリクソンは4Gインフラ市場のリーダーとして、大規模な顧客ベースを持つ5G市場に参入しました。エリクソンは、現在の顧客を維持しながら、新しい顧客を獲得するという素晴らしい成果を残してきました」と、モーリー(Troy Morley)氏は続けています。

本レポートについて、モーリー氏はさらに次のようにコメントしています。「エネルギー効率は今やバズワードとなっています。初期の5G RANソリューションはテクノロジーを実証することに重点が置かれていましたが、現在のエリクソンの5G RANソリューションは、より小型かつ軽量でエネルギーを節約することによって、顧客のニーズに応えています」

Frost Radar(TM)のレポートは、特定の業界の市場に大きな影響を与えている企業を独自に評価しています。イノベーションと成長のスコアは、フロストレーダー(TM)の方法論で強調されているように、継続的なイノベーションへの企業の努力と、イノベーションを持続的な成長に変換する能力を評価するために使用されます。本レポートでは、全体的な市場リーダー、市場セグメントのリーダー、または特定のセグメントのソートリーダーとして位置付けられている企業の中でも特に際立っている、業界のトップ参加者を示してしています。

3月に発表された関連ニュースでは、エリクソンは2023年のガートナー(R)社のCSP向け5Gネットワークインフラストラクチャのマジッククアドラント(TM)レポート*でもリーダーに選ばれました。
* (リンク »)

レポート全文をダウンロード:フロストレーダー(TM):世界の5Gネットワークインフラ市場(2023年)
(リンク »)

注記
エリクソンの5Gネットワークインフラストラクチャポートフォリオは、5G RAN*1、デュアルモード5Gコア*2、5Gトランスポート*3で構成されており、低遅延と高帯域幅の提供から、ユーザーの即時応答時間の確保、CSPの配信ギガバイトあたりの消費電力の削減まで、5G展開のあらゆる側面に対応します。 エリクソンの5Gネットワーク製品*4には、エリクソン無線システム、5Gキャリアアグリゲーション、 エリクソンスペクトラムシェアリング、ネットワークスライシング、サービス自動化、5Gマネタイゼーションなどがあります。CSPは、クラウドネイティブの5Gネットワークに切り替えたり、新しいビジネスチャンスのためにネットワークを拡張したりするときに、モジュラーアプローチを可能にする5Gソリューションを利用できます。
*1 (リンク »)
*2 (リンク »)
*3 (リンク »)
*4 (リンク »)

エリクソンについて
エリクソンは、コネクティビティから最大限の価値を創造する通信サービスプロバイダーをお手伝いします。ネットワーク、デジタルサービス、マネージドサービス、新しいビジネスにわたるポートフォリオを持ち、お客様のデジタル化、効率向上、新たな収益源の発掘をお手伝いします。エリクソンのイノベーションへの投資は、電話とモバイルブロードバンドのメリットを世界中の何十億もの人々にもたらしてきました。エリクソンは、ストックホルムとニューヨークのナスダックに上場しています。www.ericsson.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]