理解と共感を促すロールプレイング型のメタバース構築サービスを提供開始

大日本印刷株式会社

From: PR TIMES

2023-07-13 11:46

7月13日(木)開催の「Metaverse Japan Summit 2023」にて概要を初公開

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)は、参加者に対し、各種シナリオを通じて理解と共感を促すロールプレイング型のメタバース構築サービスの提供を7月13日(木)に開始します。本サービスは、複数の参加者がコミュニケーションしながら、シナリオにある課題解決やイベント参加などを行うもので、多様なテーマについて楽しみながら理解・共感を深めるゲーミフィケーションの要素を盛り込んでいます。



DNPは2021年から、リアルとバーチャルの空間を連動させて、新しい体験と経済圏を創出する「XRコミュニケーション(R)事業」を展開しています。その一環で今回、安全・安心に楽しめるバーチャル空間を構築するXRロケーションシステム「PARALLEL SITE(R)(パラレルサイト)」の機能を拡充し、企業の研修やワークショップ、自治体等の防災教育などの用途で本サービスを提供します。
[画像: (リンク ») ]



【開発の背景】
国内では今、多くの企業や自治体等が、広告・宣伝・販売促進等の目的でメタバースの利用を進めています。その中で、現状では、静止画や動画を鑑賞するショールーミング型のサービスが多く、メタバースの利用者同士が積極的なコミュニケーションを行いにくいという課題がありました。企業や自治体等からは、メタバース内でのコミュニケーションをより活発にする仕組みへのニーズも高まっており、そうした課題解決に向けて今回、ロールプレイング型に特化したメタバース構築サービスを開発しました。
DNPは、2021年に構築したメタバース「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE」を活用し、謎解きブームの仕掛け人・松丸亮吾氏が企画し、複数の参加者が同時に楽しめる謎解きイベントを開催してきました。それらのノウハウも活用して、今回のサービスを開発しています。

【ロールプレイング型に特化したメタバースの特長】
1.教育・イベントなど幅広いシナリオに対応
本サービスは、「チュートリアル(操作方法)」「シナリオ体験」「フィードバック(体験結果に対する評価・解説)」のテンプレート(ひな型)で構成されています。教育やワークショップ、謎解きイベントなどのさまざまなシナリオで、ロールプレイング型のメタバースを提供できます。各シナリオは、1グループ4名を基本として複数名の参加が可能です。同じ時間帯に最大10グループまで体験できるため、大規模な企業研修やイベントなどにも活用できます。チケット機能によって参加者を限定することもできます。この機能を活用することで、有償でのサービス提供も可能となります。

2.ロールプレイングを通じてよりアクティブな学びにつなげる
「シナリオ体験」では、それぞれの役割に割り当てられた参加者が、さまざまな課題やイベントをその役になりきって解決・達成していきます。各参加者は、ボイスチャット機能を活用して互いにコミュニケーションを取りながら、協力してシナリオを進めていきます。「フィードバック」では、各参加者が達成状況に応じて評価されます。参加者は個々の内容を振り返り、自身の課題発見や成長につなげることができます。メタバース内で繰り返し学ぶことができるため、複数の役割を体験することも可能です。

3.さまざまな企業・団体等が連携し、個別のニーズに合わせたシナリオを提供
企業・自治体・団体等のニーズや課題に応じて、多様なシナリオを作成できます。DX人材育成研修や、地域に根差したリアル宝探し、SDGsについて楽しみながら学べる謎解きなど、学習・研修・イベント等の企画にとどまらず、幅広いジャンルで企業・団体等との連携を通じてシナリオを提供し、そのラインアップを今後も拡充していきます。

【価格(税込)】
○空間利用料:900万円~/件 ○運用費:50万円~/月
※このほか、初期セットアップ費、シナリオ組込費が別途必要です

【今後の展開】
DNPは、本サービスを企業・自治体等の学習・研修・イベント等に提供し、関連サービスを含め、2028年度までに累計20億円の売上を目指します。
また、7月13日(木)に渋谷ストリームホールで開催される「Metaverse Japan Summit 2023」*1にて、本サービスの展示と講演を行います。なおDNPは、同サミットを主催する一般社団法人Metaverse Japanで発足する教育をテーマとするワーキンググループに参画します。

*1 「Metaverse Japan Summit 2023」の詳細 → (リンク »)
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

大日本印刷株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]