太陽光パネル点検アプリ「みるソラ」販売開始

~画像処理技術を活用した異常箇所の検出や報告書作成機能により点検作業を大幅に効率化~

NTTテクノクロス株式会社

2023-08-01 11:00

NTTテクノクロス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡 敦子、以下、NTTテクノクロス)は、太陽光パネル施工・点検事業者やドローンサービス事業者に向けて、太陽光パネル点検の画像検査から報告書作成までの時間を約8割削減する太陽光パネル点検アプリ「みるソラ」を2023年8月2日から販売します。
■背景
近年、太陽光パネルの点検にドローンの活用が進んでいます。具体的には、赤外線カメラと可視光カメラを搭載したドローンによる撮影、画像検査、異常箇所の特定、報告書作成・提出の後に、検査結果に基づいた現地での目視点検や修理などが行われ、現地訪問は複数回にわたります。
また、ドローンによる点検は、パネル温度を可視化する赤外線画像と太陽光パネルの汚れや破損等の状態を確認できる可視光画像を用いることで目視点検に比べて時間短縮が図れる一方、撮影画像が膨大となることから、画像の検査・分析、報告書の作成に時間を要していました。
このような背景の中、画像処理技術を活用した製品を展開するNTTテクノクロスは、太陽光発電O&M(オペレーション&メンテナンス)サービスを展開する株式会社ミライト・ワンと各種ドローンサービスを提供する株式会社ミラテクドローンの協力のもと、太陽光パネル点検アプリ「みるソラ」を開発しました。
今後もNTTテクノクロスでは、業務効率化を実現するさまざまな製品提供を通じて、社会やお客様の課題解決に貢献してまいります。
 
■特長
(1)赤外線画像と可視光画像の連動表示により、異常個所の原因特定を迅速化
赤外線画像で検知した故障原因となる熱異常(ホットスポット)を可視光画像で確認することができ、異常原因の特定が迅速に行えます。

(2)現地での作業効率化を実現する報告書作成機能
診断した画像(赤外線画像と可視光画像)とメモ欄に入力した画像診断の所見は、報告書として出力でき、現地での点検・報告業務の効率化が図れます。

(3)撮影条件に合わせた詳細な温度設定が可能
点検する季節や時刻、気象条件によって検出したい異常箇所の温度が変化するため、点検現場での撮影条件に合わせて詳細な温度設定が可能です。

※画像の解説
A:ドローン撮影画像からサイト全体を自動合成/静止画像のGPS情報から画像を合成し、全体図として自動生成
B:連動表示による原因確認/赤外線画像に検出された熱異常箇所を可視光画像にて原因が特定可能
C:選定画像とメモ(所見)を報告書に出力/選定した画像にメモ(所見)が入力でき、報告書(PowerPoint形式)として出力可能

■価格(税別)
・契約手数料:50,000円
・ライセンス利用料(パネル枚数による従量課金制):
 40,000枚以下 15,000円/1,000枚
 40,001枚以上 10,000円/1,000枚
※アプリケーションのみの提供となるため、ドローンでの撮影費用は含まれていません。
※1サイトを1点検する毎に契約が必要となります。

このプレスリリースの付帯情報

「みるソラ」での画像診断イメージ

用語解説

*「みるソラ」はNTTテクノクロス株式会社の商標です。
* 記載されている商品名・会社名などの固有名詞は一般に該当する会社もしくは組織の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]