インパクト投資の市場規模、2030年に2539億5000万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

2023-09-21 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「インパクト投資の市場規模、シェア、動向分析レポート:アセットクラス別、提供別、投資スタイル別、投資家タイプ別、地域別、セグメント別動向、2023年~2030年」(Grand View Research, Inc.)の販売を9月20日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

インパクト投資の市場規模は、2023年からCAGR18.8%で成長し、2030年には2539億5000万米ドルに達すると予測されています。インパクト投資は、財務的リターンを生み出しながら、社会と環境に前向きな変化をもたらす上で極めて重要です。その重要性は、投資を自らの価値観に合致させ、差し迫った世界的課題の解決に貢献できる点にあります。この投資手法は、財務パフォーマンスと社会へのインパクトの両方を考慮し、測定可能で持続可能な成果を生み出すことを目指しています。

インパクト投資業界の成長は、変化を求める投資家の需要が高まっていることに起因しています。個人、機関投資家、企業は、投資判断に環境・社会・ガバナンス(ESG)要素を取り入れるよう変化しています。彼らは、プラスの影響を与える企業やプロジェクトに投資することで、より持続可能な未来に貢献し、長期的な価値を生み出すことができると考えています。

社会・環境問題に対する意識の高まりが、インパクト投資への需要を後押ししており、投資家は自らの資本が財務的リターンを超えて意味のあるインパクトをもたらすことを望んでいます。さらに、インパクト投資は、持続可能性の要素を投資戦略に組み込むことで、競争力のある財務パフォーマンスを実現できることを示す証拠となりつつあります。ESGをしっかり実践している企業は、長期的に同業他社を上回る傾向があることが、数多くの研究で示されています。このため、持続可能な投資が財務リターンを犠牲にする必要があるという認識は変化しています。

COVID-19の大流行はインパクト投資業界にプラスの影響を与えました。パンデミックは、投資判断における社会的・環境的配慮の重要性を浮き彫りにしました。この危機は、公衆衛生、社会的不平等、気候変動といった問題を前面に押し出し、持続可能で責任ある投資の必要性を強調しました。投資家は、こうした課題に取り組み、より強靭で持続可能な経済を構築する上で、インパクト投資の価値をますます認識するようになっています。

インパクト投資市場のハイライト

債券セグメントは、2030年までの間、最も速いCAGRで台頭することが予想されます。グリーンボンド基準やフレームワークの登場など、規制や政策の進展により、発行体や投資家に明確な構造やガイドラインが提供され、インパクト投資業界の債券セグメントに対する信頼が高まっています。

債券ファンドセグメントは、2030年までの間、最も速いCAGRで浮上することが予想されます。持続可能で責任ある投資に対する需要の高まりから、厳しい社会的・環境的基準を満たす債券のみに投資対象を絞ったインパクトボンド専用ファンドの開発が進んでいます。

パッシブセグメントは、2030年までの間、最速のCAGRで浮上することが予想されます。パッシブ戦略は、インパクト投資の長期的持続可能性を信じる投資家に支持されています。パッシブファンドを通じて市場全体や特定のセクターに投資することで、投資家は現在起きている広範な社会的・環境的シフトに参加することができます。

個人投資家セグメントは、2030年までの間、最速のCAGRで台頭することが予想されます。インパクト投資商品の透明性と情報開示の高まりが、個人投資家の信頼を高めています。
アジア太平洋地域は、2030年までの間、最も速いCAGRで成長すると予想されます。同地域の経済成長、中間層の増加、可処分所得の増加も、インパクト投資産業の拡大に寄与しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]