「Green Beans」に「千(せん)」コーナーがオープン

イオン株式会社

From: PR TIMES

2023-11-24 16:46

~ 千葉市食のブランドをご自宅へお届け ~

 イオンネクスト株式会社(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:バラット・ルパーニ)は、12月1日(金)より、運営するオンラインマーケット「Green Beans」に、千葉市食のブランド「千」コーナーを開設し、「千」認定品の取り扱いを本格的に開始します。



[画像1: (リンク ») ]

 イオンネクストは、地域の魅力を広く知っていただくため、地元の生産者さまと協力し、新鮮でおいしい食材などの販売や紹介を積極的に行っています。
 このようななか当社は、千葉市が独自の基準で認定した「千」認定品を取り揃えた千葉市食のブランド「千」コーナーを開設し、ご当地ならではの一品を販売します。
 また、12月中に、「千」認定品を使用したレシピ紹介や、レシピページ内の材料から「千」認定品を購入できるサービスを提供します。
 イオンネクストは今後も、「Green Beans」を通じて、お客さまに毎日のお買物をより一層楽しんでいただけるよう、地域との連携を深めながら地域の魅力をお届けしていきます。


<「Green Beans」での「千」コーナーの概要>
コーナー名:「千」コーナー
開 始 日:2023年12月1日(金)
取扱商品数:15点  ※12月1日(金)時点の取扱商品数、順次拡大予定
提供エリア:
【東京都】新宿区・渋谷区・千代田区・中央区・品川区・港区・大田区・目黒区・世田谷区・江東区・江戸川区
【千葉県】千葉市・船橋市・習志野市・市川市・浦安市・八千代市・四街道市・市原市(五井地区・国分寺台地区・市原地区・ちはら台地区・辰巳台地区)
【神奈川県】川崎市
U R L: (リンク »)   ※12月1日(金)よりページ公開



【商品ラインナップ(一例)】
商品名:「メタル小松菜」
規 格:250g
価 格:本体価格198円(税込価格214円)
特 長:「ヘビーメタルを聞かせて育てた小松菜は、鉄分が増えるのか」というユニークな発想から生まれた商品
[画像2: (リンク ») ]


商品名:「OSMIC FIRST PRINCESS」
規 格:120g
価 格:本体価格998円(税込1,078円)
特 長:圧倒的な美味しさにこだわり作り上げた糖度11度の高糖度フルーツミニトマトです。トマトの常識を超えた驚きの甘さと贅沢な味わい。一粒一粒を選果機にかけて選別しており、糖度・品質も折り紙付き
[画像3: (リンク ») ]


商品名:「さんたファームのこだわりいちご」
規 格:360g
価 格:本体価格1,580円(税込1,706円)
特 長:小さな実や花を摘み取って、大きな実に栄養を集中させるなどの手間をかけて栽培
[画像4: (リンク ») ]


商品名:「千葉県産「一」シリーズ加工品」 「千葉県産「一」氷温(R)熟成 粗挽きソーセージ プレーン」
規 格:40g×4本
価 格:本体価格598円(税込価格646円)
特 長:天然の豚腸を使用し、氷温域で熟成させる氷温(R)熟成製法を取り入れ、肉のうま味を最大限に生かしたこだわりの商品
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]


商品名:「たかはしのいも豚餃子」
規 格:30g×10個
価 格:本体価格898円(税込価格970円)
特 長:千葉県ブランド豚「いも豚」、県内産のニンニク、小麦を使用した、とことん地産地消の原料にこだわった商品
[画像7: (リンク ») ]



【千葉市食のブランド「千」について】
「千」は、千葉市が誇る市産品・サービスの認知度向上と高付加価値化、さらには市内産業の活性化・競争力強化を図ることを目的としています。このような目的のもと、市・事業者・生産者・市民が一体となり、持続可能性を追求しながら千年後の豊かな千葉市を目指す食のブランドです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イオン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]