いつの間にか設立されていた鉄道系「銀行」

飯田哲夫(電通国際情報サービス) 2009年10月19日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月17日付けの「日本経済新聞」3面に、電子マネーに関する記事が掲載されている。記事によれば、流通系の「nanaco」と「WAON」を合わせた累計発行枚数は2030万枚で、鉄道系の「Suica」と「PASMO」を合わせた累計発行枚数は4077万枚である。発行枚数では、鉄道系が流通系のおよそ2倍であるが、決済件数では流通系6030万件(9月)に対して、鉄道系4101万件(9月)と流通系に分がある。

非金融からの銀行業参入

 記事には取り上げられていないが、流通系と鉄道系では大きな違いがある。それは、流通系が銀行を持っているのに対し、鉄道系は持っていないということだ。nanacoを発行するセブン&アイにはセブン銀行があり、WAONを発行するイオンにはイオン銀行がある。しかし、鉄道系にはない。また、非金融からの参入という点では、通信系もauが三菱東京UFJ銀行とじぶん銀行を設立して銀行業に参入している。

 いずれも、生活者に近い視点からユニークな銀行サービスを提供しようという試みである。それらに共通するのは、流通系も通信系も消費者の日々の生活に密着していることだ。われわれは毎日のようにコンビニに立ち寄り、携帯電話を手放すことはない。そしてそこに金融サービスの窓口があれば便利である。

実はあった鉄道系銀行

 こう考えると毎日使う鉄道系に銀行がない方が不思議である。切符の自動販売機のうち一つか二つでもATMになっていたら有難い。鉄道系銀行で貯金して、それでパッケージツアーを買えば割引になったりすると良いかもしれない。何といっても、毎日通る場所に金融サービスがあれば便利この上ない。

 と思っていたら、実は1年前に鉄道系銀行は設立されていたのである。その名も「電車銀行」、略して「電銀」。決済機能はないようだが貯蓄機能はある。そして、お勧めのサービスは「切符代貯金」。毎日の切符代相当を貯めて豪華旅行へ行こうというサービスだ。

 でもちょっと小さいな、この銀行。

筆者紹介

飯田哲夫(Tetsuo Iida)
電通国際情報サービスにてビジネス企画を担当。1992年、東京大学文学部仏文科卒業後、不確かな世界を求めてIT業界へ。金融機関向けのITソリューションの開発・企画を担当。その後ロンドン勤務を経て、マンチェスター・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。知る人ぞ知る現代美術の老舗、美学校にも在籍していた。報われることのない釣り師。
※この連載に関するご意見、ご感想は zblog_iida@japan.cnet.com までお寄せ下さい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算