令和6年能登半島地震への義援金として300万円を寄付被災自治体・企業の早期復旧に向けた当社ソフトウェアの無償提供も開始

アステリア株式会社

From: PR TIMES

2024-01-04 13:47

この度の令和6年能登半島地震により被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧をお祈りしています。

アステリア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、アステリア)は、令和6年能登半島地震による被災者の皆様の救済や被災地の復旧に役立てていくために、義援金として300 万円を寄付することを決定しました。また、被災した地域の自治体、企業・団体等の皆様の早期復旧と今後の復興活動の支援を目的として、既に災害対応や自治体運営で実績のあるモバイルアプリ作成ツール「Platio」と、デジタルコンテンツプラットフォーム「Handbook X」の無償提供を実施します。



1.義援金の寄付
[表1: (リンク ») ]


2.当社ソフトウェアの無償提供
[表2: (リンク ») ]



3.当社の被災状況(国内全拠点で特に無し)
 日本国内において当社は東京渋谷区の本社の他に、大阪、名古屋、熊本、軽井沢にオフィスを構えていますが、全ての拠点において被害は発生していません。また、居住・帰省等で震源に近いエリアにいた社員もおりましたが、全員の無事が確認できています。
令和6年能登半島地震において、当社事業の継続性には問題が発生していないことから、被災地の支援に相応のリソースを投じて、早期復旧と復興に向けた支援を実施してまいります。

<被災地での当社ソフトウェアの活用イメージ>
[画像1: (リンク ») ]

■モバイルアプリ作成ツール「Platio」 
【用途】
すぐに使える100種以上のテンプレートを兼ね備え、災害現場で活用できる「被災状況報告アプリ」などが支援活動の効率化に貢献します。被災現場や避難所の状況報告なども、写真(動画)や位置情報(GPS)と合わせスマホで報告・共有を完結します。
【利用イメージ(製品サイト (リンク ») )】
[画像2: (リンク ») ]


■デジタルコンテンツプラットフォーム「Handbook X」
【用途】
被災地支援活動に従事する職員やボランティアスタッフとの手順書や動画マニュアルの登録・閲覧・共有がワンストップで可能です。また、状況に応じた情報更新や新規マニュアルの追加などが、スマホやタブレット上で臨機応変に行えます。
【利用イメージ(製品サイト (リンク ») )】
[画像3: (リンク ») ]

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「アステリア株式会社」について( Webサイト (リンク ») )
 アステリアは社会や企業を「つなぐ」エキスパートとして「ソフトウェアで世界をつなぐ」をコンセプトに、ヒト、モノ、オモイを「つなぐ」製品やサービスを提供するソフトウェア開発企業です。基幹製品のASTERIA Warpは、様々なシステムやクラウドのデータをノーコードで連携できる製品として、1万社(2023年8月1日現在)を超える企業に導入されています。また、デジタルコンテンツプラットフォームHandbook Xは、資料や動画、Webサイトなどあらゆる情報をアプリにまとめて管理できるクラウドサービス。モバイルアプリ作成ツールPlatioは誰でも簡単に自社の業務に合ったモバイルアプリをノーコードで作成・活用できるクラウドサービス。ノード統合プラットフォームGravioはノーコードで様々な場所にある多様なデータを集約、活用し情報の一元管理を可能とするノードコンピューティング基盤。これらの製品提供を通じて、DXや業務の効率化を推進しています。また、(一社)ブロックチェーン推進協会、(一社)ノーコード推進協会などの設立を牽引するなど、様々なイノベーションを推進し新しいテクノロジーや価値観を普及啓発する活動にも取り組んでいます。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アステリア、ASTERIA、Handbook、Platioはアステリア株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]