法人向けオンライン対人支援サービス「Smart相談室」がカウンセラー向け認定制度を開始

株式会社Smart相談室

From: PR TIMES

2024-01-24 15:16

~カウンセリングスキルの適正評価とスキルアップを促進~



 株式会社Smart相談室(本社:東京都港区、代表取締役・CEO:藤田 康男)が運営する、法人向けオンライン対人支援サービス「Smart相談室(スマートそうだんしつ)」は、登録カウンセラーの認定制度を開始しました。これにより、対人支援に必要なスキルを明確にすることで、カウンセラーがスキルアップしやすい環境を整備します。さらにカウンセラーの自己啓発を促すことで、より質の高い対人支援サービスを提供してまいります。また2021年10月のサービス開始から登録カウンセラーが200名を突破しました。
[画像1: (リンク ») ]

■「Smart相談室」登録カウンセラーの認定制度について

 「Smart相談室」では、従業員のメンタルケアやコーチングなどを目的に、オンライン上で時間や場所を選ばず、社外の様々な有資格者に相談できる対人支援サービスを提供しています。
 今回の認定制度では、高品質な対人支援サービスが提供できる人材を選考するため、「対人支援資格の所持」「Smart相談室が持つビジョンへの共感」「相談支援の質」の3つの選考基準を設け、書類選考と2回の面接による厳正な審査を行います。さらにカウンセラーの継続的な資質向上を図るため、認定は1年ごとに更新を行います。また既存の登録カウンセラーについても知識向上の為のテストを実施するとともに、さらなる能力向上に向けて、研修やグループスーパービジョン、そのほかスーパーバイザー(※1)との個別スーバービジョン(※2)受講などを用意しています。

 これまで、カウンセリングスキルの研鑽は、カウンセラー個人の努力に依拠していましたが、習熟度に個人差が出るといった課題が生じていました。この度、認定制度の導入によってスキルアップの指針を設けることで、カウンセラーの主体的な能力開発をさらに促し、これまでよりも高い水準でサービスを提供します。さらに認定制度によってカウンセリングスキルを適正に評価し、カウンセラー自身が高いモチベーションでサービスを提供できる環境を整えることで、サービス全体としての品質向上を図ります。
※1:キャリアカウンセラーがクライアント(相談者)により良いキャリアカウンセリングができるようにする指導・教育者のこと
※2:経験豊富なキャリアコンサルタントやカウンセラーから自分のクライエントへの対応について指導や助言を受け、キャリアコンサルタントの資質向上を図ること

■Smart相談室 スーパーバイザー 鵜飼柔美(うかいやすみ)によるコメント


 200名のカウンセラー…。選考面談または業務開始前の面談で、Smart相談室にjoinされた皆さまとは必ずお会いしているのですが、実務経験の有無よりも今のこの方なら誠実に相談者さまの気持ちをわかろうと努力し、この方らしく生きて働くことを支援していただける、と思えた仲間がこんなに増えたと思うと感慨深いものがあります。
 当初からCEOの藤田さんと共に、カウンセラーが提供する面談の質はそのままSmart相談室のサービスの質と考え、スーパービジョンは受け放題、月に一度の研修やGSVを用意してきましたが、これらの機会を熱心に活用して成長を続けているカウンセラーの皆さんの真剣な姿勢がなによりSmart相談室の財産であり、質の担保であると考えます。私自身も研鑽を続けて精進していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

株式会社生き方はたらき方ラボラトリー 代表取締役 鵜飼 柔美


■「Smart相談室」登録カウンセラーのシンボルについて

[画像2: (リンク ») ]

 認定制度の開始にともない、「Smart相談室」登録カウンセラーを表すシンボルを作成しました。

 本シンボルには、「Smart相談室」のロゴに含まれる ”波紋を声の重なり(相談)に見立てる” というコンセプトが、ロゴよりもストレートな形で意匠として落とし込まれています。これは、「Smart相談室」が大事にしている、相談者とカウンセラーの声と声が重なる瞬間(相談)こそが、登録カウンセラーのみなさんにとっても重要な価値であるという考えにもとづくものです。
 シンボル全体のヴィジュアルは「Smart相談室」のロゴを踏襲しながらも、登録カウンセラーが持つ誠実さや信頼感を意識したニュアンスをより強く表現。サービスを通して提供する体験全体を象徴するシンボルとしても機能するように調整しました。

 カウンセラーの皆さんにとって、本シンボルが「Smart相談室」登録カウンセラーであることを誇りに思っていただける、きっかけの一つになることを願っています。
■200名の登録カウンセラーについて

[画像3: (リンク ») ]

 「Smart相談室」は、ご利用いただいている企業様のニーズに合わせて幅広い相談内容へ対応するため、様々な資格やバックグラウンドを持ったカウンセラーの方々に登録いただいております。そしてこの度、登録カウンセラーが200名を突破しました。


[画像4: (リンク ») ]


 現在は、218名(2024年1月1日時点)のカウンセラーが「Smart相談室」に登録し、産業カウンセラー、国家資格キャリアコンサルタント、プロコーチの資格を有しています。さらに、外国語対応、ポストベンション、ALLY、健康経営アドバイザー、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、看護師・保健師、管理栄養士、MBA、マネジメント、エグゼクティブコーチング、ハラスメント、ロジカルシンキング、資料作成などの資格やスキルを持つカウンセラーも多く、幅広い相談内容への対応が可能です。また年齢・性別・就業経験などの属性も偏りのない分布になっており、カウンセリングスキルだけではない選択ニーズに対応しています。

[画像5: (リンク ») ]


■「カウンセラー数200名突破」キャンペーンのお知らせ

 対象期間中に新規でご契約いただいたお客さまを対象に、すべてのプランを2ヶ月分の月額を無料でご提供いたします。
- キャンペーン対象期間
- - 2024年2月1日(木) ~ 2024年4月30日(火) (変更の可能性あり)
- キャンペーン内容
- - 2ヶ月分の月額を無料で提供
- キャンペーン適用条件
- - 「Smart相談室」を新規にご契約いただくこと
- - 対象期間中にご契約いただけること
- - お申し込みから最低1年間のご契約をいただくこと
- - 導入事例へのご協力/ロゴの利用許諾をいただけること

■「Smart相談室」の概要

 「Smart相談室」は、働く人の「モヤモヤ」を解消し、「個人の成長」と「組織の成長」を一致させる法人向けオンライン対人支援サービスです。 メンタルケア、コーチング、法令対応を実現するストレスチェック・ハラスメント窓口などの機能を提供することで、企業の健康経営と働く人のWell-beingに寄与します。 一般的に「組織の成長」は経営計画を元に線形の右肩上がり、一方で「個人の成長」は曲線で個々人のライフイベントも加味しながら細かく上下を繰り返します。Smart相談室の対人支援サービスによって個人の成長をサポートし、両者のギャップを埋めることで組織全体の成長を支援します。
「Smart相談室」サービスサイト: (リンク »)
■「Smart相談室」の機能

- カウンセラー相談
- コーチング
- 医師面談
- ハラスメント窓口
- ストレスチェック
- 学習コンテンツ
- 意見箱
- 産業医面談調整

◼ 会社概要

- 社名:株式会社Smart相談室
- 代表取締役・CEO:藤田 康男
- 事業内容:「Smart相談室」の企画・開発・運営・販売
- 設立:2021年2月1日
- 所在地:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
- 企業URL: (リンク »)

※掲載されている製品名、会社名、サービス名は各社の商標または登録商標です。
※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、 あらかじめご了承ください。

[画像6: (リンク ») ]株式会社Smart相談室
代表取締役・CEO:藤田 康男
事業内容:「Smart相談室」の企画・開発・運営・販売
設立:2021年2月1日
所在地:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
企業URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]