シュナイダーエレクトリック、プロセス制御システム ProLeiTブランドのソフトウェア販売を開始

シュナイダーエレクトリック株式会社

From: DreamNews

2024-01-25 17:30

● プロセス制御技術と製造実行システム(MES)の統合ソリューションを日本国内でも展開
● 醸造工程を持つ飲料、乳製品、食品の製造において特に高いグローバルシェアを保有
● 1月31日より開幕するIIFES 2024でソリューションを展示

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、同社のポートフォリオを構成するプロセス制御システムのソフトウェアブランドProLeiT(プロレイト)のソリューションを日本市場向けに本日提供開始します。



飲食料品製造業界では、消費者ニーズの多様化に伴う少量多品種生産への対応やトレーサビリティ向上を目的として、生産管理システムや在庫管理システムの導入、デジタル化が進んでいます。しかし、日本においてこうしたシステムはメーカー各社それぞれ独自の専用システムとして設計されるケースが多く、導入後のメンテナンスや拡張、サイバーセキュリティー対策などの際に膨大な工数やコストがかかるなど、汎用性のなさが課題となっていました。今回シュナイダーエレクトリックが日本で展開を開始するProLeiTは、こうした飲食品製造をはじめとするプロセス制御に、オープンで汎用性の高い柔軟なシステムを提供するものです。

ProLeiTは、ドイツで生まれたソフトウェアソリューションブランドで、30年以上にわたり、プロセス制御技術、自動化ソリューション、製造実行システム(MES)の機能を統合したシステムを開発・販売してきた歴史を持ちます。飲料、乳製品、食品業界で高いシェアを持っており、特に醸造工程を持つビール飲料においては、ProLeiTが導入されている醸造所での生産量が、全世界のビール生産量の約5分の1にあたる年間2億5000万ヘクトリットル以上を占めています。2020年にプロセス制御向けのソフトウェアブランドとしてシュナイダーエレクトリックのポートフォリオに加わり、シュナイダーのPLCをはじめとする各種製品やAVEVAソフトウェアとの接続性によって、現場のデジタルトランスフォーメーションを強力に後押ししてきました。

今回、日本市場向けには、ProLeiTブランドのソリューションとして、以下2製品の国内向け展開を開始します。

MES統合型モジュール式プロセス制御システム Plant iT(プラントアイティー)
モジュール式プロセス制御システムPlant iTは、MES機能が統合されたオープンなPLCベースのプロセス制御システムです。運転データ取得、プロセス制御、液体性管理、バッチシステムから、リモートにも対応した生産管理(MES)まで、プラントを運用するために必要なソリューションを統合しています。プロセス制御については、オブジェクト指向のソフトウェア設計により、従来プログラミングで行っていたプロセス制御の多くを、パラメータ設定のみで完結させることができ、プログラミング工数の削減だけでなく、プログラムの再利用性を大幅に高めています。また、コンパイラレスアーキテクチャを採用することで、システムが稼働中であってもパラメータの変更により制御シーケンスの変更を行えるため、より柔軟なシステム運用が可能となっています。その他、モジュラー設計を採用しているため、必要に応じて、様々なPlant iTモジュールをベースシステムと組み合わせることができます。個々のモジュールは、各アプリケーションに応じて開発されており、例えば、プロセス関連の資材管理や、SAP、Oracle、Microsoftなどの外部のERPシステムに接続するための統合インターフェースなどがあります。

● PLCベースのプロセス制御システム
● オブジェクト指向のオートメーションクラスとパラメータ設定によるノンプログラミング設計
● 最新のユーザビリティ基準で設計された直感的なユーザーインターフェース
● プロセス制御に統合されたMES機能
● モジュラー構造による高い拡張性

MES統合型醸造プロセス制御システム brewmaxx(ブリューマックス)
brewmaxxは、Plant iTの基本機能を継承した、醸造工程を持つプロセス制御に特化したMES搭載型プロセス制御システムです。醸造所における業界固有のプロセスの自動化に対応するため、ProLeiTに在籍する醸造の専門家とシステムエンジニアが、醸造所、プラント設備メーカー、大学などと連携し、業界向けの最新のプロセス制御を提供しています。

ProLeiTのソフトウェアソリューションは、2024年1月31日より3日間にわたり東京ビッグサイト西ホールで開催される、オートメーションと計測の先端技術総合展 IIFES2024( (リンク ») )のシュナイダーエレクトリックのブース(小間番号 1-20)で参考展示を行います。

Schneider Electricについて
シュナイダーエレクトリックは、あらゆる人がエネルギーや資源を最大限活用することを可能にし、世界の進歩と持続可能性を同時に実現することを目指しています。私たちはこれを「Life Is On」と表現しています。
私たちの使命は、持続可能性と効率性を実現するためのデジタルパートナーになることです。
世界をリードするプロセス技術やエネルギー技術と、エンドポイントとクラウドをつなぐ製品、制御機器、ソフトウェアやサービスとを、ライフサイクル全体を通して統合し、その統合された管理を住宅、ビル、データセンター、インフラストラクチャ、各種産業に展開することでデジタルトランスフォーメーションを推進します。
私たちは、最もローカルなグローバル企業です。社会にとって意義深い目的を持ち、多様な意見を取り入れ自ら行動するという価値観を持って、オープンスタンダードとパートナーシップエコシステムの拡大に尽力します。
www.se.com/jp




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]