フォーティネット、業界初のWi-Fi 7対応セキュアネットワーキングソリューションを発表

フォーティネットジャパン合同会社

From: Digital PR Platform

2024-02-02 10:01








新しいWi-Fi 7アクセスポイントと10GbのPoEスイッチにより通信を2倍に高速化
有線と無線を統合しセキュアにつなぐフォーティネットのポートフォリオがさらに強化、拡充




(リンク »)



サイバーセキュリティの世界的リーダーで、ネットワークとセキュリティの融合を牽引するフォーティネット(Fortinet®)は、本日、Wi-Fi 7に対応した業界唯一の包括的セキュアネットワーキングソリューションを発表しました。フォーティネット初のWi-Fi 7アクセスポイントであるFortiAP 441K※では通信速度と容量が強化され、また新しいFortiSwitch T1024はWi-Fi 7の帯域幅をフル活用できる10ギガビットイーサネット(GE)でのアクセスと、90WのPower over Ethernet(PoE)に対応しています。これらの新しいデバイスは企業がワイヤレスに求める最先端のパフォーマンスを提供するもので、フォーティネットのセキュアネットワーキングソリューションの構成要素として、AIOPsおよびFortiGuardのAIに基づくセキュリティサービスとのシームレスな一体化により、比類のないセキュリティ、視認性、および制御性を実現します。
FortiAP 441K: (リンク »)
FortiSwitch T1024: (リンク »)
セキュアネットワーキングソリューション: (リンク »)
AIOPs: (リンク »)
FortiGuardのAIに基づくセキュリティサービス: (リンク »)



※日本語版注記:FortiAP 441Kについては、日本国内では技術適合が取得でき次第、販売開始となります。


Wi-Fi 7のパワーをユーザーが最大活用できるよう支援
企業は大量のデータを扱うアプリケーションや自社ネットワーク内のワイヤレス機器を支えるため、最新世代のワイヤレステクノロジーであるWi-Fi 7を導入し、その速度と帯域幅を活用したいと望んでいます。しかしWi-Fi 7のような新技術は、企業の攻撃対象領域をも拡大させるため、従来のセキュリティソリューションではデータリッチなトラフィックが増大する中での検証とセキュリティ確保が困難となる可能性があります。巧妙化を続ける今日の脅威の下では、企業やその他の組織にとってセキュリティに生じる「穴」を放置することは許されません。フォーティネットの包括的なセキュアネットワーキングソリューションはWi-Fi 7に対応し、同時にワイヤレストラフィックのセキュリティを維持するために必要なエンタープライズグレードの保護、AIで強化されたセキュリティ、およびAIOps自動化機能を搭載しています。

企業のWi-Fi 7導入を促進する新しいAPとスイッチ
新しいFortiAP 441KとFortiSwitch T1024はフォーティネットのセキュアネットワーキングソリューションにおける最新のイノベーションであり、ネットワーク技術とAIで強化されたセキュリティとを融合し、すべてのエッジをカバーするものです。FortiAP 441Kはワイヤレステクノロジーに革新を引き起こし、Wi-Fi 7開発の最先端にあるQualcomm Technologies社のWi-Fi 7 Qualcomm® Networking Pro 1220 Platformを活用しています。主な特長は以下の通りです。


最大2倍の接続速度:同一環境下での比較で、FortiAP 441Kは最大2倍に達する極めて高速なワイヤレス接続を達成します。
さらに高速化したデータ伝送:4096 QAMのサポートを通じ、ビデオストリーミングやコラボレーション用ツールなど、大きな帯域幅を必要とするエンタープライズアプリケーションにとって不可欠な、より高速なデータ伝送を実現しています。
低遅延: 320MHzチャンネルを使用することにより、FortiAP 441Kは単独でデータ速度を改善すると共に遅延低減し、優れたエクスペリエンスをエンドユーザーに提供します。
負荷分散性能の向上と干渉低減:プリアンブルパンクチャリング(Preamble Puncturing)と先進マルチリンク動作により、高度な復元力と信頼性を備えた接続を通じて企業のオンライン接続と生産性を維持します。


Wi-Fi 7の特長を最大限活用するためには、その速度向上と容量拡大に伴う要件に、企業や組織のネットワークインフラが対応できることが必要です。新しいFortiSwitch T1024 10 GEアクセススイッチは90WのPoE能力を備え、Wi-Fi 7対応の新しいAPをサポートできるよう別に設計されています。新しいAPとスイッチを共に使用することで、Wi-Fi 7がもたらす速度、パワー、およびパフォーマンスが向上し、すべてのユーザーと機器に優れたエクスペリエンスを提供できるようになります。

業界をリードするフォーティネットのセキュアネットワーキングソリューション
フォーティネットのセキュアネットワーキングソリューションはフォーティネットのサイバーセキュリティプラットフォームであるフォーティネット セキュリティ ファブリックの構成要素であり、この緊密な一体化を通じてネットワーク機器と最先端のセキュリティをシームレスに融合しています。FortiGate次世代ファイアウォールをワイヤレスネットワークのコントローラーとして使用できるため、マルウェアからの高度な保護、サンドボックス化、ウェブフィルタリングなど、FortiGuardのAIで強化されたセキュリティサービスの特長を享受できます。またフォーティネットのAIを活用したIT運用管理(AIOps)ソリューションを利用し、ネットワーク上に問題が発生した際には関連したインサイトをリアルタイムで得るとともに、従来WANとLAN全体を手動で行ってきた業務も自動化できます。Wi-Fi 7の導入により、これらすべての機能を、業界をリードするワイヤレス速度と容量で運用できるようになります。
フォーティネット セキュリティ ファブリック: (リンク »)

フォーティネットのプロダクト戦略担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMOのJohn Maddison(ジョン・マディソン)は、次のように述べています。
「ネットワーク技術とAIで強化されたセキュリティを、無線LANおよび有線LAN双方に接続するとともに、それらを共通の設計思想に基づいて保護する単一のソリューションにまとめているのはフォーティネットだけです。本日、フォーティネットはワイヤレステクノロジーにおける最新のブレークスルーを発表しました。お客様はWi-Fi 7のスループット拡大を享受しながらワイヤレストラフィックのセキュリティを確保し、業務を一層効率化できるようになります」

各社からのコメント
Qualcomm Technologies社のWireless Infrastructure and Networking担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるGanesh Swaminathan(ガネシュ・スワミナサン)氏は、次のように述べています。
「当社はフォーティネットとの協力を継続し、次世代のセキュアネットワーキングソリューションおよびQualcomm Networking Pro 1220を提供できることを喜ばしく思います。FortiAP 441Kの構成要素となるQualcomm Networking Pro 1220プラットフォームは膨大な容量、有線と同等の安定性と超高速性により企業ネットワークに新たな基準を設定するよう設計されており、現代の企業においてWi-Fiが行えることの限界をさらに拡げます」

AireSpring社のソリューション エンジニアリング担当SVPであるMike Chase(マイク・チェイス)氏は、次のように述べています。
「Wi-Fi 7対応のアクセスポイントにより、フォーティネットが業界に一歩先んじたことに興奮しています。私は20年以上、数々のベンダーからのワイヤレステクノロジーを設計し、インストールしてきましたが、FortiAP 441Kの登場により、他のベンダーにはないネットワーク、セキュリティおよびスペクトル分析機能のすべての本質を初めて理解できました。フォーティネットはこれらのテクノロジーを全く新しいレベルに引き上げ、最新のワイヤレスソリューションのもつ最高クラスの接続性、セキュリティ、診断およびアナリティクス性能は、あらゆる期待を再び大きく上回りました」

650 Groupの共同創立者兼テクノロジーアナリストであるChris Depuy(クリス・ドピュイ)氏は、次のように述べています。
「私たちは新しい6GHzスペクトルへの需要に喚起され、エンタープライズWAN関連の売上の4分の3が5年以内にWi-Fi 7アクセスポイントから得られるようになると予想しています。Wi-Fi 7の登場と時を同じくして、Wi-Fiインフラと自社のセキュリティインフラとの緊密な統合を求めるトレンドになっています。フォーティネットはWi-Fi 7を導入する大手企業向けベンダーの1社として優れた地位を築き、また製品へのセキュリティ機能組み込みを積極的に進めています」


(リンク »)


【写真上】FortiSwitch T1024 【写真下】FortiAP 441K



(リンク »)


関連資料


関連ブログ「ネットワークのWi-Fi 7対応はお済みですか?」
(リンク »)
フォーティネットのセキュアネットワーキングの詳細
(リンク »)
サイバーセキュリティの意識向上や製品関連のトレーニングを始めとするフォーティネットの無償のサイバーセキュリティトレーニングの詳細をご覧ください。
(リンク »)
Fortinet Training InstituteはフォーティネットTraining Advancement Agenda(TAA)の一環として、認定ネットワークセキュリティエキスパート(NSE)プログラム、Academic Partner ProgramとEducation Outreach Programも提供しています。
NSEプログラム : (リンク »)
Academic Partner Program: (リンク »)
Education Outreach Program: (リンク »)
フォーティネットのX(Twitter)、Facebook、LinkedIn、Instagramをフォローし、フォーティネットのブログおよびYouTubeチャンネルにご登録ください。



##


※本プレスリリースは、米Fortinet, Inc.が2024年1月16日(現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳です。
原文: (リンク »)
※この日本語版はフォーティネットのニュースルームでもご覧いただけます。
(リンク »)


■フォーティネットについて
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、ネットワーク/セキュリティの融合とサイバーセキュリティの進化を、牽引し続けている企業です。あらゆる場所で、人・デバイス・データの安全を確保するというミッションのもと、お客様が必要とするすべての場所にサイバーセキュリティを提供しています。エンタープライズでの利用に対応した50を超える製品群で構成される業界最大規模の統合ポートフォリオを実現し、業界最多の導入実績、特許数、認証数に支えられ、70万を超えるお客様からの信頼を獲得しています。脅威分析とセキュリティ研究を行う組織「FortiGuard Labs」を運営し、自社開発した最先端の機械学習やAIテクノロジーを活用することで、タイムリーかつ一貫したトップクラスの保護と共に、実用的な脅威インテリジェンスをお客様に提供しています。また、「Fortinet Training Institute」では、誰もがサイバーセキュリティのトレーニングと新たなキャリアの機会を得られるよう、業界最大規模かつ最も広範なトレーニングプログラムを提供しています。詳しくは当社ホームページ、フォーティネットブログ、FortiGuard Labsホームページをご参照ください。
フォーティネットブログ: (リンク »)
FortiGuard Labs: (リンク »)

Copyright© 2024 Fortinet, Inc. All rights reserved.「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、Fortinetロゴ、FortiGate、FortiOS、FortiGuard、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiManager、FortiASIC、FortiClient、FortiCloud、FortiMail、FortiSandbox、FortiADC、FortiAI、FortiAIOps、FortiAntenna、FortiAP、FortiAPCam、FortiAuthenticator、FortiCache、FortiCall、FortiCam、FortiCamera、FortiCarrier、FortiCASB、FortiCentral、FortiConnect、FortiController、FortiConverter、FortiCWP、FortiDB、FortiDDoS、FortiDeceptor、FortiDeploy、FortiDevSec、FortiEdge、FortiEDR、FortiExplorer、FortiExtender、FortiFirewall、FortiFone、FortiGSLB、FortiHypervisor、FortiInsight、FortiIsolator、FortiLAN、FortiLink、FortiMoM、FortiMonitor、FortiNAC、FortiNDR、FortiPenTest、FortiPhish、FortiPlanner、FortiPolicy、FortiPortal、FortiPresence、FortiProxy、FortiRecon、FortiRecorder、FortiSASE、FortiSDNConnector、FortiSIEM、FortiSMS、FortiSOAR、FortiSwitch、FortiTester、FortiToken、FortiTrust、FortiVoice、FortiWAN、FortiWeb、FortiWiFi、FortiWLC、FortiWLM、FortiXDRなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。








本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]