フィッシングボート 「DFRシリーズ」 をマイナーチェンジ~操船支援システム 「Y-FSH」 採用で、より快適なボートフィッシングを実現~

ヤマハ発動機株式会社

From: Digital PR Platform

2024-02-22 11:00


 ヤマハ発動機株式会社は、インボードエンジン(船内機)を搭載したオフショア・フィッシングボート「DFRシリーズ」において、新開発の操船支援システム「Y-FSH(ワイ・フィッシュ)」を採用するなどのマイナーチェンジを行い、7月より順次発売します。

 マイナーチェンジするのはフライングブリッジタイプの「DFR-36FB」、ハードトップタイプの「DFR-36HT」「DFR-33」の3モデル。これらに採用した「Y-FSH」は、トヨタ自動車株式会社と共同開発したインボード艇専用の操船支援システムです。GPSとバウスラスター(ボートを横方向に移動させる動力装置)、エンジンなどを連携させることで、アンカー(錨)使用時と同様に任意の範囲内で船位を保持。また、船首を指定した方位へ維持させたまま、流し釣りなどができ、アンカーやスパンカー(船首を風上に立てるための帆)を使用しなくても*¹、充実したボートフィッシングをサポートします。
 今回のマイナーチェンジでは、「Y-FSH」採用のほか、外観と内装を洗練するとともに、人気の艤装品をトータルパッケージしたオプションの設定、細部の変更なども行っています。
※1 アンカーは法定安全備品として小型船舶への搭載が義務づけられており、搭載を不要とするものではありません。


(リンク »)


「DFR-36FB」


(リンク »)

「DFR-33」

【DFRシリーズの主な特徴】
● 高次元の外洋航走性能を発揮するオフショア・フィッシングボート
・ 高性能ディーゼルエンジン(DFR-36:D8-550/DFR-33:D6-440、共にVOLVO PENTA社製)を搭載。エンジンと当社独自の船型とのマッチングにより、高次元の外洋航走性能を発揮します。また、加速補助、旋回時のヒール補正、追い波時の安定性を自動制御する「ダイナミックトリムコントロールシステム」(Zipwake社製)を採用(DFR-36シリーズのみ)。

● 高度な釣り機能性と快適性を実現
・ 釣りのしやすいデッキレイアウトをはじめ、細部にわたって釣りの機能性を追求。同時に、キャビンの居住性能も重視するなど、アングラーへの負担をあらゆる場面で低減。快適なボートフィッシングを実現します。また、「Y-FSH」の採用により、スパンカーやアンカーローラーの設置が不要となるため、釣りに使用できるスペースを広げています。

【操船支援システム 「Y-FSH」について】
「Y-FSH」は、トヨタ自動車株式会社と共同開発した操船支援システムです。GPSとバウスラスター、エンジンなどを連携させることで、一定範囲内での船位維持、また船首方向の維持を可能とし、ピンポイントで楽しむ釣りや、潮流れや風に乗せながらの流し釣りを強力にサポート*²。釣りの際に使用する従来のスパンカーの使用やアンカーの投入を不要とします。状況に応じて2種類のモードから選ぶことができます。
※2 強風などの海象条件によって、位置や方向を保持できない場合があります。

● e-ANCHOR(アンカーモード)
・ 船位維持を可能とする仮想アンカーシステムです。一定の範囲内で船位をアンカー投入時と同じように維持することができ、魚礁や根、深海など、ピンポイントでの釣りに効果を発揮します。
・ アンカー投入時のように底質や水深を気にすることなく、また、投入・回収に伴う労力を不要とし、移動も速やかに行うことができます。

● e-COMPASS(コンパスモード)
・ 風向や潮に影響を受けず、船首を常に任意の方向に保持します。風の強さに影響を受けやすいスパンカーの弱点を解消し、風の弱いときでも一定方向に船首方向を維持することができます。
・ 風向に影響を受けず、波に対して船首を維持することができます。流し釣りなどでの快適性を向上します。
・ 従来のFSR(フィッシングサポートリモコン)、SSR(スーパースローリモコン)を併用することで、船首方向を維持した流し釣りを可能とします。

【製品サイト情報】
・DFR-36FB
(リンク »)
・DFR-36HT
(リンク »)
・DFR-33
(リンク »)





(リンク »)



(リンク »)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]