サイバー保険市場- 成長、将来展望、競合分析、2023年~2031年

株式会社グローバルインフォメーション

2024-02-22 18:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「サイバー保険市場- 成長、将来展望、競合分析、2023年~2031年」(Acute Market Reports)の販売を2月22日より開始いたしました。
【当レポートの詳細目次】
(リンク »)

サイバー保険市場は、デジタル時代のサイバー脅威やデータ漏洩に伴う財務リスクの軽減に不可欠です。サイバー保険市場は、サイバー脅威の深刻化、規制状況の厳格化、サイバー攻撃の頻度と深刻度の上昇を背景に、2024年から2032年の予測期間中にCAGR 26.5%で成長すると予測されています。しかし、サイバーリスクの定量化には課題があり、これが大きな阻害要因となっています。市場セグメンテーションは組織の多様なニーズを反映しており、テーラーメイド保険が注目を集めると予想され、賠償責任保険が最も高いCAGRを予測しています。地域別では、北米が収益に大きく貢献する一方、アジア太平洋地域は高い成長の可能性を示しています。競合動向では、AIG、Chubb、チューリッヒなどの主要企業が採用している戦略が注目されます。これらの企業はイノベーションと戦略的提携を活用して競争力を維持しています。サイバー保険市場が2023年から予測期間の2032年にかけて進展するにつれ、進化するサイバーリスクへの継続的な適応、サイバーセキュリティの専門家との連携、リスク定量化の課題への対応が、現代のリスク管理の重要な側面であるこの分野で持続的な成功を収めるために不可欠となります。

激化するサイバー脅威の情勢

ランサムウェア攻撃、データ漏洩、高度なサイバー犯罪など、サイバー脅威の絶え間ない増加は、サイバー保険の需要を促進する主な要因です。Colonial Pipelineのランサムウェア攻撃やSolarWindsのサプライチェーン侵害のような事例は、サイバーリスクが広範かつ進化していることを強調しています。このようなインシデントの金銭的な影響を認識している企業は、潜在的な金銭的損失に備えるためにサイバー保険への投資を増やしています。その証拠に、様々な業種の企業によるサイバー保険の購入が急増しており、ダイナミックなサイバー脅威の状況に対応するための包括的な補償の必要性が強調されています。

厳しい規制要件

欧州のGDPRやカリフォルニア州のCCPAなど、世界的に厳しいデータ保護やサイバーセキュリティの規制は、コンプライアンスを確保し、法的・財務的リスクを軽減するために、企業にサイバー保険への投資を促しています。AIGやChubbのような企業は、進化する規制状況に合わせてサイバー保険を適応させています。その証拠に、保険内容は継続的に更新され、強化されており、企業は規制の枠組みを遵守するために必要な保険に加入することができます。このような規制の複雑化とコンプライアンス違反がもたらす潜在的な財務的影響により、企業は強固なサイバー保険ソリューションを求めています。

サイバー攻撃の頻度と深刻さの増加

サイバー攻撃の頻度と深刻さの増加は、脅威要因の高度化と相まって、サイバー保険に対する需要の高まりに寄与しています。NotPetyaマルウェア攻撃やEquifaxデータ漏洩のような有名な事件は、企業に甚大な財務的影響を及ぼしています。チューリッヒやアリアンツのような大手保険会社は、サイバーリスクに特化した評価やオーダーメイドの保険商品を提供することで対応しています。その証拠に、新たなサイバー脅威に対応するために保険商品を継続的に適応させており、リスク管理への積極的なアプローチを示しています。サイバー脅威の状況が進化するにつれて、企業は潜在的な財務的損失に対する回復力を強化する上で、サイバー保険が不可欠な役割を果たすことを認識しつつあります。

サイバーリスクの定量化における課題

サイバー保険市場の成長にもかかわらず、サイバーリスクの正確な定量化と評価には課題が残っています。ロイズやエーオンを含む保険会社は、サイバー脅威のダイナミックで進化する性質のために、標準化されたリスク評価手法を確立することの難しさに直面しています。その証拠に、風評被害や長期的な事業中断などの要因を考慮した上で、サイバーインシデントの財務的影響を予測することの複雑さにあります。リスクモデリングの進歩は続いているが、サイバーリスクの範囲と重大性を予測することの本質的な難しさは、大きな制約となっています。この課題を克服するには、保険会社、サイバーセキュリティの専門家、企業が継続的に協力し、リスク評価手法を改善し、業界全体のサイバーリスクに対する理解を深める必要があります。


【無料サンプル】
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]