お知らせ:DX実践手引書の改訂版を公開しました

独立行政法人情報処理推進機構

From: Digital PR Platform

2024-03-27 11:08


2024年3月27日
独立行政法人情報処理推進機構


お知らせ:DX実践手引書の改訂版を公開しました
~「データスペース」と「データ活用におけるAI」を追記~

IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:齊藤裕)は、DX未着手・途上企業の担当者を技術的側面から支援するための手引書「DX実践手引書 ITシステム構築編」の改訂版を公開しました。
URL:  (リンク »)

1. 概要
IPAは2021年11月、DX未着手・途上企業の担当者を技術的側面から支援するため「DX実践手引書 ITシステム構築編」を公開し、DXを実現するためのITシステムとそれを構成する技術要素群の全体像を「スサノオ・フレームワーク」として提示しました。その後、アジャイル、IoT、APIといった技術・手法との関連や先行企業の事例を追記するなど改訂を続けてきました。このたび、DX実現のためのデータ活用に注目が高まるなか、「データスペース」と「データ活用におけるAI」の解説を追記し、改訂しました。

改訂範囲は以下のとおりです。第4章の「あるべきITシステムとそれを実現する技術要素」における「4.4 データ活用」において、「4.4.4 データスペース」と「4.4.5 データ活用におけるAI」を追記しました。

【章の構成】
第1章 DXを実現するための考え方
第2章 DXを継続的に進めるための考え方
第3章 DXを実現するためのITシステムのあるべき姿
第4章 あるべきITシステムとそれを実現する技術要素
 4.1. DXを実現するための技術要素群の全体像
 4.2. アジャイル開発
 4.3. スピード・アジリティを支えるマイクロサービスアーキテクチャの活用
 4.4. データ活用 (4.4.4 データスペース、4.4.5 データ活用におけるAI、を追記)
 4.5. API
 4.6. IoT
 4.7. 社会最適を実現するための外部サービスの活用
 4.8. 現行システムからあるべき姿への移行

2. 今回の追記部分
(1) 4.4.4 データスペース
データスペースの項目では、「国や組織の垣根を越えたデータの流通を可能にする標準化された仕組み」であるデータスペースについて、そのメリットや、データ連携方法と特徴などを示しました。例えば、データスペースのデータ連携及び特徴の図として、①データを探す、②認証・認可、③データ転送/アクセスの3ステップを示しながら、特に③の「データ転送/アクセス」のための仕組みとして「コネクタ」を紹介しています。従来のように一括でデータの塊をダウンロードするような方法ではなく、多頻度でデータ単位のアクセスが行われるデータスペースでは、異なる国や組織などでもデータをスムーズに連携する仕組みであるコネクタを利用することで、データ提供者とデータ利用者が繋がり、データ連携が可能となることを説明しています(図1)。



(リンク »)


図1. データスペースのデータ連携および特徴(4.4.4 データスペース)

(2) 4.4.5 データ活用におけるAI
データ活用におけるAIの項目では、AIシステムが効果的に機能するためのデータ環境整備の観点や、AIのセキュリティ・セーフティへの課題、注目されるAIの機能とその具体例などについて紹介しています。

本書はIPAのウェブサイトからダウンロードできます。
(リンク »)


(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]