【イオンリテール】AIを活用した店舗DXのさらなる進化について

イオン株式会社

From: PR TIMES

2024-04-05 12:16

“働き方改革”店舗業務を一貫してサポートする仕組みが完成 従業員はより“生き生き”と、店舗はより“あたたかみ”を感じる場所へ



イオンリテールは今春、AIによる「ワークスケジュール自動作成機能」と「新・販売計画支援システム」を実装します。※1 
この2つのシステムが加わることにより、当社における店舗業務を一貫してサポートする仕組みが完成します。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

新・販売計画支援システム 活用イメージ


このたび実装する「ワークスケジュール自動作成機能」は、2022年に実装した「AIワーク」の機能拡張として、AI学習により各従業員の時間帯ごとの作業割り当てを自動化します。従業員の勤務シフトやスキル、時間帯ごとに必要とされる業務内容などに基づき、 “瞬時に”“自動で”“抜け漏れなく”作業割り当てを行います。
既に導入している一部の部門では、ワークスケジュールの作成時間について半減~8割減の効果が出ています。

また、「新・販売計画支援システム」では、販売計画の作成を半自動化し、作成時間が導入前の8分の1に短縮されるほか、タブレット端末で計画の確認や編集ができるようになり、現場確認を含めた進捗管理や従業員同士のコミュニケーションがよりいっそう円滑になります。

 これにより、当社が2020年以降に実装したシステムで創出できる人時は年間約200万人時(当社試算)※2となります。固定業務を削減した分、接客や売場での創意工夫など、お客さま満足に直結する業務が増えることで、各店舗が提供する価値も高まります。

イオンリテールは、当社の従業員がそれぞれのスキルを発揮し生き生きと働くことで、店舗がよりあたたかみを感じる場所となるよう、今後もさまざまな取り組みを進めてまいります。

【概要】
■実装スケジュール
ワークスケジュール自動作成機能:2024年4月21日(日)より店舗の全部門で実装※1
新・販売計画支援システム:今春(2024年春)実装予定

■展開店舗
「イオン」「イオンスタイル」など約360店舗

※1:食品の部門は2023年8月より先行実装。
※2:各種AIシステムと「新・販売計画支援システム」の試算を合計した数値。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イオン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]