安川電機のAI機能を搭載し、自律性を備えた次世代産業用ロボットにWind River Linuxが採用

ウインドリバー株式会社

From: PR TIMES

2024-04-18 11:00



2024年4月18日、日本東京発 - ミッションクリティカルなインテリジェントシステム向けソフトウェアを提供する世界的なリーダーであるウインドリバーの日本法人、ウインドリバー株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 中田 知佐、以下ウインドリバー)は、サーボモータ、インバータ、産業用ロボットの大手メーカーである株式会社安川電機(本社: 福岡県北九州市 代表取締役社長: 小川 昌寛、以下安川電機)の新製品「MOTOMAN NEXT」の開発にWind River Linuxが利用されていることを発表しました。

MOTOMAN NEXTは、高度なAI機能によって自律的に環境に適応し判断することを実現する業界初の商用産業用ロボットの一つです。この新しいロボットには、NVIDIA(R) Jetson Orin(TM) プラットフォームとWind River Linuxが搭載されており、新たなレベルのインテリジェンスと自律性を実現しています。作業力と判断力の高度な機能を備えることで、不確定要素の多い困難な作業を処理することができるようになり、これまで人間の感覚や判断能力を必要とした自動化が難しかった新たな応用分野での自動化を推進します。

[画像: (リンク ») ]


ウインドリバーの最高顧客責任者、アミット・ローネンは次のように述べています。「AIはエキサイティングな未来を切り拓いています。安川電機のような業界リーダーが提供する次世代のAI搭載ロボットを、Wind River LinuxとNVIDIA Jetsonを組み合わせることで実現できたことを嬉しく思います。ウインドリバーは安川電機とNVIDIAと協力し、機械学習とAIを迅速に革新する、よりインテリジェントなシステムの実現を支援します」

MOTOMAN NEXTは、周辺環境の変化や、他のロボット・周辺機器を含むシステムの状況を自ら判断して作業を実行できます。動作経路の障害物を避けて最適経路で動いたり、色や形状にばらつきがある品物をその系統ごとに仕分けして箱詰めするなど、これまで人による認識や判断が必要とされた変化や不確定要素が多い作業に対応することが可能です。Wind River LinuxはMOTOMAN NEXTの自律制御ユニットに利用されており、NVIDIA Jetson Orin上で動くLinuxの商用化を実現しています。

エッジAI、組込み、ロボットアプリケーション向けのプラットフォームであるNVIDIA Jetsonは、スケーラブルなソフトウェア、最新のAIスタック、量産可能なROSパッケージ、アプリケーション固有のAIワークフローを提供します。ソフトウェア定義の自律型マシンや画期的なエッジAIソリューションの構築に必要な電力効率に優れた性能を提供しながら、AIソフトウェアとクラウドネイティブなワークフローを共有することができます。Wind River LinuxとNVIDIA Jetsonプラットフォームを組み合わせることにより、高度なAIを活用した最先端アプリケーションを実現します。

Wind River Linuxは、組込み業界をリードする(*1)最先端の組込みLinuxプラットフォームです。特定のユースケース向けにカスタマイズされたLinuxオペレーティングシステム上で動作する、堅牢で信頼性が高く、セキュアな組込みソリューションの開発、デプロイ、運用を実現します。また、ミッションクリティカルなアプリケーションに求められる、高い安定性とセキュリティ、リアルタイムパフォーマンスのニーズに対応します。Wind River Linuxの詳細については、以下をご覧ください。
(リンク »)


株式会社安川電機について
安川電機は1915年の設立以来、「事業の遂行を通じて広く社会の発展、人類の福祉に貢献する」という経営理念に基づき、“モータの安川”から“オートメーションの安川”を経て、“メカトロニクスの安川”へ、つねに時代の主力となる事業を支え続けてきました。当社はメカトロニクス製品にデータ活用を融合させ、お客様の持続的な生産性向上を実現する新たなソリューションコンセプト「i3-Mechatronics(アイキューブメカトロニクス)」を提唱しています。サーボモータ、コントローラ、インバータ、産業用ロボットのコア事業をさらに強化し、それらの技術を最大限に生かしたうえで、データ活用によってメカトロニクスをさらに進化させ、「新たな産業自動化革命」を実現し、お客さまの経営課題の解決に貢献してまいります。安川電機の詳細については、以下をご覧ください。
(リンク »)

ウインドリバーについて
ウインドリバーは、ミッションクリティカルなインテリジェントシステム向けソフトウェアを提供する世界的なリーディングカンパニーです。40年以上にわたり、イノベーターかつパイオニアとして、最高レベルのセキュリティ、安全性、信頼性を数十億台を超えるデバイスやシステムに提供しています。ウインドリバーのソフトウェアと専門性は、オートモーティブ、航空宇宙・防衛、インダストリアル、メディカル、通信など、あらゆる業界のデジタルトランスフォーメーションを加速させています。ウインドリバーは、ワールドクラスのグローバルなプロフェッショナルサービスとサポート、および幅広いパートナーエコシステムによってサポートされた包括的なポートフォリオを提供しています。ウインドリバーの詳細については、以下をご覧ください。
(リンク »)

*1:VDC Research, The Global Market for IoT & Embedded Operating Systems
(リンク »)


# # #

Wind Riverは、Wind River Systems, Inc.およびその関連会社の商標または登録商標です。記載されているその他の商標は、各所有者に帰属します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]