BMCソフトウェア、ITILプロセスの変更管理・リリース管理ツールを販売開始

田中好伸(編集部) 2006年07月27日 03時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMCソフトウェアは7月25日、ITIL変更管理・リリース管理ツール「BMC Configuration Management」(BMC CM)を8月4日から出荷開始することを発表した。価格は2000ライセンス880万円から。

 BMC CMは、情報システムを構成するハードウェアやソフトウェアのインベントリ情報を収集して、サーバやPCなどにアプリケーションの導入やパッチ配布を展開する。さらに、ITILに準拠した運用管理ソフト群「Remedy IT サービスマネジメント」と連携させることで、ITILプロセスに即したインシデント管理や問題管理、変更管理、リリース管理で発生するプロセスの流れにBMC CMの自動配布機能を連携させることができる。これにより、情報システムにおける変更の申請、承認、検証というプロセスを一元的に実施することができるという。

 BMC CMは、ディレクトリサーバと連携することでポリシーベースで企業の人事データや組織データと連携しながら、ソフトウェアの配布が自動化できるという特徴を持つ。この機能により、組織が変更になったり、部門で使用するアプリケーションが変更になったりした場合、以前の部署で使用されていたソフトウェアを削除して、新しい部署や役職に必要なソフトウェアを自動的に配布・導入することができるようになる。

 BMC CMの場合、管理者側から配布するという“プッシュ型”ではなく、エンドユーザーからアクションで取得するという“プル型”のアプリケーション導入・配布ができるという特徴を持つ。また、BMC CMのインベントリレポート機能を利用することで、ハードウェアの構成情報だけでなく、ソフトウェアの導入状況、ライセンス管理や使用状況を把握することも可能になるという。

 BMC CMはBMCソフトウェアとパートナー企業から販売される。BMCソフトウェアでは、2007年3月までに10社への導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!