【EMCジャパン Tech Communityサイト】基幹業務アプリケーションの仮想化 ~ ビジネス上の考慮事項とテクノロジー ~

EMCジャパン株式会社

2012-03-22

■エグゼクティブ・サマリー■


仮想化はこの数年で急速に普及してきました。その多くの企業でコスト面および運用面でのメリットを享受しており、サービスレベル要件の低いアプリケーション(ファイル・サーバ、Webサーバ、ネットワーク・サービス、インフラストラクチャ・サーバなど)を仮想化することのメリットは認識しています。しかしながら、仮想化を次のレベルに進めること、つまりビジネス・クリティカルな基幹業務アプリケーションを仮想化することには躊躇している企業も少なくありません。


基幹業務アプリケーションを仮想化しない技術的な理由として、ほとんどの場合、アプリケーションのパフォーマンス、ダウンタイムやビジネス継続性、セキュリティやガバナンス維持方法の不明瞭さに対する懸念が挙げられます。一部では、ここ数年仮想化テクノロジーが遂げた大きな進歩に対する理解が欠如しているケースも見受けられます。基幹業務アプリケーションの仮想化を遅らせたいという動機が存在するのは事実ですが、今後基幹業務アプリケーションの仮想化によって、企業はより大きなメリットを得ることができます。それを実現するための技術についてここで紹介しています。


■対象■


このホワイト・ペーパーの対象者は、すでに企業で仮想化への移行を始めているIT マネージャです。サーバ仮想化について多くのメリットを認識していますが、基幹業務アプリケーションの仮想化の取り組みに躊躇している企業が対象です。このホワイト・ペーパーでは、次の項目について説明します。


 • ビジネス・クリティカルな基幹業務アプリケーションの要件
 • 基幹業務アプリケーションの仮想化に関する懸念事項
 • 懸念事項に対応する技術の今と将来
 • ビジネス・クリティカルなアプリケーションの仮想化に成功した企業の事例


これらの情報を活用して、ソリューションの構築、設計、実装、管理を実行し、導入に関して社内ITスタッフをトレーニングできます。


続きはこちらから (»リンク)


EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]