【EMCジャパン Tech Communityサイト】最新のデータセンターのProSphere検出および監視

EMCジャパン株式会社 2012年10月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■エグゼクティブ サマリー■


最新のデータセンターで使用されるストレージ テクノロジーの急速な進化によって、エンタープライズのSRM(ストレージ リソース管理)市場のソフトウェア開発組織は、10年以上にわたって製品の維持に苦労してきました。使用する異種製品の増加、管理するオブジェクト数の増加、その影響によるネットワーク トポロジーの拡張を伴うこの進化に対応するため、SRMベンダーはストレージ インフラストラクチャの要素の検出および監視を多様な手法で管理する必要があります。標準化されたプロトコルと手法が何十年もの間使用されているネットワーク領域とは対照的に、SAN領域はSNIA(Storage Networking Industry Association)のSMI-S(Storage Management Initiative Specification)や新たなクラウド標準などの標準インタフェースを少しずつ確実に採用しています。EMC ProSphereは最先端のソフトウェア アーキテクチャを活用しています。このアーキテクチャは、最小規模のストレージ環境から最大規模のグローバル エンタープライズのデータセンターに至るまで、お客様の設備投資と運用コスト全体を削減する一方で管理の課題に対処することを明確な目的としています。


続きはこちらから (»リンク)


EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

企業ブログ

EMCジャパン株式会社の企業ブログ一覧へ

関連記事

EMCジャパン株式会社の記事一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]