【EMCジャパン Tech Communityサイト】事例紹介 Vol.61 | 金融界のリーダーがRSA Archerの導入によりコンプライアンスの複雑さを解消

EMCジャパン株式会社 2012年10月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「わが社の標準的なポリシー承認プロセスは6つの段階で127人の従業員が関わります。これまでは、そこに新たなメンバーを加えるには膨大な時間が必要でしたが、今やワンクリックで出来るようになりました」

マニュライフ・ファイナンシャル Global IS Risk Management部 部長補佐 Lysandre Tansingco 氏 オライリーメディア CE


マニュライフ・ファイナンシャルはカナダを拠点に21の国と地域で活動する、業界をリードする金融サービスグループだ。マニュライフはファイナンスに関わる重要な決定をする上で、強固で、信頼でき、先見性のあるソリューションである、との評判を120年以上にも渡って顧客から得ており、その国際的なネットワークで財務保全や資産管理のサービスを何百万もの顧客に提供してきた。主なサービスとしては、法人向けの資産管理、再保険ソリューション、資産や災害に特化した再々保険が挙げられる。カナダとアジア地域ではマニュライフ・ファイナンシャル、アメリカでは主にジョン・ハンコックという社名で展開しており、関連会社も含めた管理資産は、2011年6月30日時点で4810億カナダドル(4980億米ドル)にも上る。


マニュライフ・ファイナンシャルの株式は'MFC'としてトロント、ニューヨーク、フィリピンの証券取引所で取引され、香港でも'945'というシンボルコードの下で取引されている。詳しい会社情報は、 (»リンク) を参照。


続きはこちらから (»リンク)


EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

企業ブログ

EMCジャパン株式会社の企業ブログ一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]